konibet-icon

コニベット|バカラ

ベッティング戦略-マーチンゲール法とオスカーズグラインド法

バカラには色々なテクニックと攻略法があります。

ここで二つ確実に勝つためのベッティング戦略を紹介しましょう。

マーチンゲール法とオスカーズグラインド法。

これらを使って、バカラ攻略しましょう。

【バカラ攻略】勝つため2つのベッティング戦略-マーチンゲール法とオスカーズグラインド法01

【バカラ攻略】テクニックその1-確実に勝つための戦略マーチンゲール法

数あるバカラテクニックの一つに「マーチンゲール法」というものがあります。 18世紀にフランスで、マーティングとギアの夫婦によって発明されたのが始まりです。 毎月、ギアはマーティンゲールの給料をすべて使い、さらに少しずつオーバーローンしていたと言われており、このままではいつか破産してしまうと夫婦で気付いた。

このままではいつか破産してしまうと考えた夫妻は、それ以来、マーティンがいくら稼いだとしても、ゲイルは毎月最低1ドルを残すことにした。この方法は、後にバカラのマーチンゲール法に発展しました。

マーチンゲール法

単純なことですが、バンカーに賭けるにしても、プレイヤーに賭けるにしても、同じところに賭け続けるだけです(例えば、バンカーに賭けたければ、常にバンカーに賭ける)。 もし負けたら、お金を失うたびに、次のゲームでは失う金額が倍になり、勝つまで続きます。例えば、第1ゲームでバンカーに100ドルを賭けて負けた場合、第2ゲームではバンカーに200ドルを賭けなければなりません。第2ゲームで負けた場合、第3ゲームではバンカーに400ドルを賭けなければならず、これをバンカーが勝つまで続けるのです。勝ったら、またバンカーに100を賭けてスタートし、このサイクルを無限に続けます。 この戦略のポイントは、いくら負けても勝てば、負けたお金をすべて取り戻し、最初に賭けた金額を勝ち取ることができることです。

マーチンゲール法の利点は、何度負けても、勝てばすぐにお金が戻ってくることと、ベースベットの獲得額が多くなることで、多くのプレイヤーが「確実なバカラベット」と呼んでいます。 しかし、どんな戦略にも欠点があり、マーチンゲール法の欠点は「非常にリスクが高く、報酬が少ない」ということです。

例えば

6回負けた場合、7回目のゲームに6400円を賭けなければならず、7回目のゲームに負けると合計12700円を失ったことになり、7回目のゲームに勝ってもせいぜい100円しか獲得できません。 プレイヤーが多額のベットバンクロールを持っていても、テーブルには最大ベット額の制限があり、その制限に達するとそれ以上ベットを追加することはできません。

プログレッシブダブリング

マーチンゲール法に加えて、似たようなゲームとして、プログレッシブ・ダブリング法も推奨されています。 このゲームでは、1、2、3、5、8、13、21、34…という奇数の並びを使い、それぞれの数字は前の2つの数字の合計になります。 例えば、最初のゲームで1を賭けると勝ち、さらに1を賭けると負け、2を賭けるとまた負け、3、5、8…と賭けるといいます。 これはマーチン戦略ほどではありませんが、少なくとも一度に大きな損失を出すことはなく、1勝すれば最初の2試合での損失を相殺することができます。

つまり、勝ち数が少なくても、負け数が多くても、お金を稼ぐチャンスがあるということです。

【バカラ攻略】テクニックその2-確実に勝つための戦略オスカーズグラインド法

バカラは世界的に有名で人気のあるギャンブルゲームです、インターネット上にはバカラのコツや賭け方に関する記事がたくさんあります。

その一つが「Oscar’s Grind(オスカーズ・グラインド)」と呼ばれるベットで、プレイヤーの損失を軽減するための保守的なベット方法です。 バカラが初めての方や、バカラで少額の賭けをしようと思っている方には、「Oscar’s Grind」の賭け方がぴったりです。

バカラのコツ – オスカー・グラインドの由来

バカラのオスカーズ・グラインドは、20世紀の頃、オスカーというギャンブラーが最初に考案したものです。 他の賭け方に比べて比較的近代的でもあり、ゆっくりと成長する低リスクの賭け方で、プレイヤーの最終的な目標は、1回のリターンで1単位の利益しか得られないことです。

この方法は最初はあまり知られていなかったが、ある作家が本の中で言及してから、広く知られるようになった。 オスカーにちなんで「グラインド」とも呼ばれていますが、これはこのバカラ戦略の目的が、大きく賭けることではなく、長い時間をかけて各ゲームに少額ずつ賭けていき、重ねていつか大きな利益になると。コーヒー豆と同じように、毎日根気よく挽いて、思ったような結果はいつかえられます。

オスカー・グラインド・ルール

オスカー・グラインドの目標は、1ゲームにつき1ユニット、1ドルではなく、プレイヤーの資金力に応じて5ドル、10ドル、あるいはそれ以上の金額を賭けることです。 Oscar Grind」の賭け方の戦略は以下の通りです。

1ユニットのベットからスタートします。
負けた場合は、ベットを1ユニットのままにして、次のゲームにベットします。
勝った場合は、利益の合計が1ユニットを超えない範囲で、さらに1ユニットを次のベットに追加します。
1単位の利益が出れば、目標サイクルは終了です。 プレイヤーはステージ1に戻らなければならない、といった具合です。

以下は、オスカーグラインドの賭け方で6ゲームバカラに賭けた場合の結果です。

ゲーム数 賭けた金額 結果 合計利益
ゲーム1 $1の負け -$1
第2戦 $1 負け -$2
第3試合 1ドル勝ち -1ドル
第4戦 2ドル負け -3ドル
第5試合 2ドル勝ち -1ドル
ゲーム6 $2 win +$1

上の表から、負けか勝ちのどちらかに対する最大ベット額は2ユニットで、それ以上はありません。2ユニット以上はオスカーグラインドベットの定義に反するからです。

また、トータルの利益が+1に戻った時点で、ベットを1ユニットで再開しなければなりません。

オスカー・グラインドの長所と短所

Oscar’s Grind」の利点は単純明快で、スモールベットなので、連敗してもゆっくりと穴を埋めていくことができます。 また、スモールベットであるため、一度に多くのお金を失うことがなく、破産のリスクを大幅に軽減することができます。

しかし、この賭け方の長所は短所にもなり得ます。 1ゲームにつき1ユニットの利益しか得られないため、短時間で高い利益を得たい人や、長時間バカラをプレイする時間があまりない人には向かない方法です。

結論

最後に、どのバカラベッティング法にも長所と短所がありますので、これらの戦略を使用する前に、自分のベットをカバーするのに十分な資金があるかどうかを考えてみてください。 ちゃんと自分に合う戦略を選びないと、簡単に全財産を失うことになりますよ。

日本最強オンカジ!

コニベットのゲーム