konibet-icon

コニベット|バカラ

【バカラテク】カードカウンティングとカードシーキング

【バカラ攻略】No.1トップバカラテクニック-カードカウンティングとカードシーキング2

バカラのカードカウンティングについて言及する前に知っておくべきこと!

バカラはポーカーの一種です。

また、カジノでよくプレイされるゲームの一つで、スロットマシンと並ぶ人気ゲームです。 バカラはゲームとして簡単ですが、テクニックは何百種類もあります。

よく聞かれる罫線とベッティング法とかの方法に加えて

また、あまり目にすることはありませんが、あらゆるバカラ攻略法に欠かせない「カードカウンティング」と「カードシーキング」というテクニックがあります、マスターすれば、それはバカラ 必勝法に言ってもいいでしょう。今回は、バカラをプレイする際の参考になるように、カードカウンティングとカードサーチの2つのテクニックを紹介します。

【バカラ 必勝法】バカラのカードカウンティング

もしバカラが単純に点数の入った2枚のカードを配り、バンカーかプレイヤーのどちらかに勝利を賭けるゲームなら、オッズはそれぞれ50%です。バンカーとプレイヤーでオッズに差をつけるには、カードを追加するのがポイントです。例えば、プレイヤーは0-5の時にのみレイズし、バンカーは0-6の時にのみレイズし、6はプレイヤーが6または7になった時にのみレイズします。この推論をもとに、次のような結論をまとめることができます。

4+5=9, 4+6=10=0、4が多い方がプレイヤーに有利です。
この3種類のベットの比率は、コンピュータープログラムで計算することができます。 8デッキのハンドで4が欠けたと仮定すると、バンカーとプレイヤーのどちらが勝つかはもはや50/50ではないので、4が欠けた状態でバンカーが勝つ確率は大幅に上がります。
このことから、バカラをプレイする方法の中で、カードカウンティングがバカラのベスト戦略のひとつであることがわかります。

【バカラ 必勝法】バカラのカードシーキング

カードカウンティングに加えて、「カードシーキング」と呼ばれるより高度な方法がありますが、これは非常に目を引くテクニックです。

これは、ディーラーがカードをシャッフルしているときに、プレイヤーが目を使って、4点と9点のカードの位置、これらのカードがどのカード後ろの位置を注意深く見ることができる、とても目を引くテクニックです。

次に4が出ることがわかっていればバンカーに大きく賭け、9が出ることがわかっていればプレイヤーに大きく賭けています。しかし、カードシーキングは、テーブルで4と9を正確に見つけられるようにするためには、シャッフルの仕方やシャッフルを読む練習が必要になります。

バカラに賭けるときに最も重要なこと、それは「心構え」です。

バカラでも他のゲームでも、賭けの鍵を握るのはたいてい考え方です。特に、欲望を抑えて正気を保つこと、勝っているときには何括して追加すること、負け続けているときには立ち上がって歩き回ったり休憩したりすること、そして自分の賭けに戦略を持ち、それを忠実に実行することで、何よりのバカラ 必勝法です、笑顔でカジノから帰ることができるのです。

バカラのカードシーキングを考案したのは誰ですか?

カードシーキングといえば、このトップギャンブラーであるジョン・メイの存在が欠かせません。

彼はイギリス人で、プロのギャンブル界に進出してから3年で、すでに世界中のゲーミングコミュニティにその名を知らしめ、その結果、イギリスの全カジノの90%以上が彼に「出禁命令」を出したのです。

24歳の時には、主要なプロギャンブリングハウスに採用され、アメリカのいくつかのカジノにもギャンブルコンサルタントとして採用されていました。

バカラのシーキングとは?

これは、ディーラーがカードをシャッフルするとき、4と9の2枚の重要なカードの位置に注意を払い、それらのカードの後に、数字の異なるカードに異なる点数を与えるという基本的な原理を適用し、出されたカードごとに点数を加減して、バンカーとプレイヤーのどちらが開く確率が高いかを評価するものです。

カード検索方法の例

何度かテーブルを観察しているうちに、誰も手札を直接オープンしていないことに気づきます。つまり、双方がマリガンをする必要があり、その際にプレイヤーが先にマリガンをすることになります。もしバンカーが1枚の4のカードがあるならば、プレイヤーはマリガンを始めて、結果的にプレイヤーは1、8、9、10時を獲得して、この時いくつかの推論があります:

プレイヤーが0の場合、バンカーは勝ちチャンスが2回:1、10⇒1、0、負けるチャンスが2回:8、9⇒8、9
プレイヤーは1点、バンカーの勝ちチャンスは3回:1、9、10⇒0、1、2、負けるチャンスは1回:8⇒9
プレイヤーは2点、バンカーは全勝のチャンス:8、9、10、1⇒0、1、2、3
プレイヤーは3点、バンカーは3回勝ちチャンスがある:8、9、10⇒1、2、3、1回:1⇒4
プレイヤーは4点、バンカーは2回勝ちチャンス:8,9=>2,3、1回勝ちチャンス:10=>4、1回負けるチャンス:1=>5
プレイヤーは5点、バンカーは1回の勝ちチャンス:8=>3、1回の負けるチャンス:9=>4、2回の負けるチャンス:10=>6、5

つまり、バンカーの勝ちが15回、負けが6回、引き分けが3回なので、バンカーが4とわかっている場合は、バンカーの勝ちに賭けるしかありません。

一見簡単そうに見えますが、実際の戦場で戦えるようにするためには、家での練習が欠かせない非常に高度なテクニックなのです。

日本最強オンカジ!

コニベットのゲーム