konibet-icon

コニベット|バカラ

バカラ ルールを徹底解説!

バカラはブラックジャックに似ているとは言え、チップを賭けたらディーラーがその後の手続きをすべて行ってくれるので、プレイヤーは勝敗の行方に関与できません。そのためプレイヤーはさほどルールを気にする事がありません。

言ってみれば丁半博打と同じような見守るだけの賭けになるからです。しかし厳密にルールを見ていくととても面白いので詳しく解説していこうと思います。

バカラで稼いで行きましょう
バカラで稼いで行きましょう

バカラのルール

バカラは、プレイヤー(PLAYER)とバンカー(BANKER)どちらが勝つかを予想するカードゲームです。

プレイヤー(PLAYER)とバンカー(BANKER)には、それぞれ2~3枚のカードが配られ、カード合計値のより高い方が勝利します。最高位の数値は「9」です。

カードの配布はディーラーが全て行います。参加者は勝利する方を予想してベットするだけです。

予想が当たれば配当が支払われ、予想が外れれば賭け金はすべて没収されます。

バカラは、バンカーとプレイヤーの勝敗予想
バカラは他のカードゲームのように自分自身がプレイをするのではありません。

バンカーとプレイヤーと呼ばれる架空の人物がカードゲームで対戦しているのを横で見ている、と考えるとわかりやすいかもしれません。
そして、バンカーとプレイヤーのどちらの架空人物が勝つかを予想してベットします。

バカラにおけるトランプの数え方

バカラは、ブラックジャックやポーカーなどと同様にトランプでプレイするゲームです。

しかし、バカラのトランプの数え方には少しクセがあります。
まずはバカラにおけるトランプの数え方を覚えておきましょう。

「2」「3」「4」「5」「6」「7」「8」「9」は そのまま数えます。

バカラトランプそのままの数字
「10」「J」「Q」「K」は 10 としてカウントされます。

バカラトランプ絵札
「エース(A)」は 1 としてカウントされます。
ブラックジャックと違い、10や11にはなりません。

バカラトランプエース
トランプの数え方の例
バカラは、カードを足した合計の一桁目の数字の大小で勝負をします。
例えば、「10」と「7」の場合は、合計17になるので「7」となります。
「K」と「Q」の場合は、合計20になるので一桁の数字は「0」となるのです。

バカラのゲーム進行

ゲームの流れはとても簡単、以下の通りです。

ゲームスタート(Deal)
「プレイヤー」「バンカー」のどちらかにベットします。
ディーラーが「プレイヤー」と「バンカー」にカードを2枚づつ配ります。
配られたカードの合計の下一桁の数字が「9」に近いほうが勝ちとなります。
これがバカラの基本的なゲームの流れです。とてもシンプルでわかりやすいゲームですね。

基本的にバンカーとプレイヤーそれぞれに配られた2枚のカードで勝負になりますが、実は、ある条件によっては3枚目のカードが配られることもあります。
ただし、4枚目のカードが配られることは決してありません。

3枚目が引かれる条件とは
バカラで3枚目のカードが配られる条件は、プレイヤーとバンカーで異なります。
実は、この3枚目のカードがバカラの勝敗に大きく影響するのです。

プレイヤーに3枚目のカードが配られる条件
プレイヤーのカードが5より小さい数字の場合、3枚目のカードが配られます。
数字が8もしくは9の場合はナチュラル呼ばれ、その場で勝ちが決まります。

しかし、6以上の数字の場合は3枚目が配られずスタンドとなるので、勝つ確率はやや低くなるとも考えられます。

バンカーに3枚目のカードが配られる条件
バンカーは原則として数字が7以上の場合は3枚目のカードは配られずスタンドとなります。
バンカーの方がプレイヤーよりも積極的に勝ちにいく設定なっているという事ですね。
また、実際に3枚目のカードが配られる条件は、プレイヤーに配られた3枚目のカードの数字によって変動します。

カードの配布はディーラーやシステムが自動で行ってくれますので、私達は実際には3枚目のルールなど覚えなくて良いのです。

バカラの主な用語

バカラをより楽しむために覚えておいて欲しい用語を紹介します。

用語解説

ベット(BET):チップを賭けること。

ディール:ディーラーがカードを配る行為。ベットしてからディールは行われます。

ナチュラル8、ナチュラル9: 初めに配られたカード2枚の合計が「8」か「9」が出て勝った場合にそれぞれナチュラル8、ナチュラル9と呼びます。

デッキ:52枚のトランプを1デッキとして数えます。通常は8デッキでゲームが行われます。デッキ数が少ないとカードを出していく中で残りカードに偏りが出てしまうためです。

コミッション:BANKERに賭けて勝った場合、配当から引かれる5%の手数料のことです。中にはコミッションが引かれないバカラもあり、それを「ノーコミッションバカラ」と呼びます。

ナチュラル(8か9)は強い

プレイヤーかバンカーが最初の2枚で8か9を出せば(ナチュラル8か9)出たほうが勝ちとなります。ナチュラル8とナチュラル9が出た場合は勿論9が勝ちます。同点の場合はタイ(TIE)となります。

ナチュラルが出なかったら
ナチュラル8、9が出なかった場合はバカラのルールに従って3枚目を引くか引かないかが決まります。3枚目までの合計点数で進行が左右されるのです。

3枚目を引くか引かないか、これもオートマチックで決まっていまして、この時のルールは以下のようになっています。

全てはプレイヤー側のカードによってその後の行動が決まってきます。

ベットの方法と配当率

基本的にはプレイヤー、もしくはバンカーにベットしますが、それ以外にも「引き分け(タイ)」「ペア」「ビッグ・スモール」と言った賭け方が存在します。いずれかのみと言う制限はなく、複数の場所に同時にベットする事が可能です。

特に、ペアや引き分けは配当の倍率が高い事から、大穴狙いとして楽しめるようになっています。

プレイヤーまたはバンカーにベットした際に引き分けとなった場合は、配当0となり、ベットした分は全て返却されます(「プッシュ」と呼ばれます)。

また、引き分けにベットして、同時にバンカー・プレイヤーにもベットした状態で引き分けになれば、バンカー・プレイヤーにベットした分が返却されます。

バカラの配当とカジノ側の手数料

配当金は下のようになります。

プレイヤーで勝利 1 : 1
バンカーで勝利 1 : 1★
タイ 1 : 8
★バンカーにベットして勝利した時はカジノ側にコミッションとして5%の手数料が取られてしまいます。

つまり$1をプレイヤーに賭けて勝ったら$1の利益となりますが、$1をバンカーに賭けて勝ったら$0.95の利益となるわけです。

バンカーかプレイヤーに賭けてタイが出たときはお金は全額戻されます。(戻されないカジノもあるらしいので、そういうところには行かない事です。)タイに賭けてタイが出たら8倍の利益が得られます。

バンカーとプレイヤーの勝率ですが50%同士ではなくて若干バンカーが高いです。

日本最強オンカジ!

コニベットのゲーム