1. TOEIC『900点以上』の人はみんな実践していた?!シンプルな9つのトレーニングとは
TOEIC『900点以上』の人はみんな実践していた?!シンプルな9つのトレーニングとは

TOEIC『900点以上』の人はみんな実践していた?!シンプルな9つのトレーニングとは

TOEIC900点以上をとる人達は普段どんな勉強をしているのでしょうか。今回はトレーニング編として彼ら普段取組んでいた共通点の9つをピックアップしてまとめてみました。勉強してもなかなか点数が上がらない…という方はどうぞ参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4046view

【1】本番前に模試を最低1回は解いておく

Photo by Pragmagraphr

TOEICはリスニングが45分、リーディングが75分、合計2時間で答えるテストです。慣れていないと疲れてしまい最後まで集中して問題が解けません。テストの本番前には模試を最低1回は解いておきましょう。

これの重要さは強調しても強調し切れません。試験の流れ、時間配分の感覚、各パートの出題パターン、、、などなど、模試を1回解いておくだけでも100点はスコアが変わります。出典: getahighscoreontoeic.seesaa.net
ぶっつけ本番でTOEICに臨んでしまうと、試験の形式が分かっていないために自分の実力に見合う妥当な力すら発揮できないで終わってしまうんですよね出典: getahighscoreontoeic.seesaa.net
一度行ったテストは出来れば3日間以内に再度受けなおして見るということを3回繰り返せばだいぶ頭に入ると思います。出典: getahighscoreontoeic.seesaa.net

【2】参考書を早いペースでガンガン解く

参考書を買って解いてみてもわからないことばかり。悩みすぎて時間をかけてしまいがちです。1回目は難しく考えず一気に解きましょう。

参考書の使い方は、一回目は難しく考えずに速いペースでどんどん解きます。時間をかけると飽きるので。例えばその参考書が5章に分かれていたら、1章の問題を一気に全て解いて答え合わせをして先に進む、ということを繰り返して、とにかく最後のページまで終わらせます。出典: 2ch.ei-sta.com

【3】公式問題を何度も解きスピードアップ

同じ参考書を解いても答えを覚えるだけで意味がないと感じるかもしれません。しかし重要なのはTOEICの問題に慣れることです。解くスピードを上げましょう。

一つの問題を出来れば30秒で解けるようにしましょう。最初は時間がかかるかもしれませんが、公式問題集を何度も解いてるうちにスピードアップしてきます。同じ問題を解いていると、TOEICの問題にも慣れることが出来、問題を解くスピードを上げることができます。TOEIC初心者の人が効率的に勉強するには、公式問題集を何度も解き、TOEICテストに慣れることが大事になります。出典: www.wakarueng.com

【4】公式問題と付属のCDを何度も聞くようにする

公式問題集のリスニング問題に慣れることと英語に慣れることが重要です。iPodなどの音楽プレーヤーで聞いておきましょう。

公式問題集に付いているCDを何度も聞くようにしましょう。そして英語に慣れましょう。TOEICテストまで時間がない人は、リーディングとリスニングどちらも勉強するよりは、リスニングに重点を置き、勉強するようにしてみましょう。出典: www.wakarueng.com

【5】日を改めてもう一度解く

Photo by thomaspetermueller

1度やった問題集を違う日にもう一度解きましょう。間違った問題をメモしておくのも良いです。

二回目は日を改めてやります。寝ると記憶が定着するので。今度は別紙のメモの間違った問題だけを一通り解きます。二回目でも正答はあまり増えないと思いますが、それは気にしなくていいです。ここでは2回とも間違った問題の解法を読んで根拠を理解します。出典: oshiete.goo.ne.jp

【6】三回目は根拠を考えながら問題を回答する

そろそろ問題を覚えてしまう頃です。ここまで間違った問題を見直すこと、なぜ間違ったかを考えてましょう。

三回目はそろそろ答えを覚えてしまっているので、ほとんど正解してしまうでしょう。その際解答の根拠を頭のなかで復唱します。「この問題はいつもxxxな理由で間違っているけれど、oooに気をつければ正解はx」面倒くさい作業ですけれど効果があります。出典: oshiete.goo.ne.jp
2冊目の参考書もで同じようにやってみましょう。一回目は「あれ?1冊目はほぼ満点がとれるようになったのにやっぱりだめか」という状態になると思いますが、気にせずあと二回繰り返しましょう。これで小手先のテクニックなしで点数がぐっと伸びるでしょう。出典: oshiete.goo.ne.jp

【7】英字新聞をじっくり読む

英字新聞は正しい文法の宝庫です。文法の補強におすすめです。

日本人が苦手なのが、a, the, の用法やon, in, offといった動詞とともに使う文字ですが、英字新聞を読みながら(雑誌でも良いですが)これらの文字を自分で伏せて読んでみて正しく選択できるかという確認を行うだけでもかなり文法的に補強されていきます。出典: oshiete.goo.ne.jp

【8】Wikipedia英語版を眺める

いつもお世話になっているWikipediaを英語版で見てみましょう。リーディングの勉強になります。

Wikipediaの英語版は質の良い英文が多い。wikipediaは辞書なので、関係代名詞がよく使われている。リーディングでスラスラと文章を読むには、関係代名詞を日本語訳せずに(つまり被修飾語に戻って読み直さずに)、一気にsentenceを読み切る必要がある。そういう意味でwikipediaの英語版はとても良質な英文の宝庫と言える。出典: toeic900.jpn.org
単語レベルもNewYorkTimesなど英文誌のようにバカ高くなく、TOEIC900点を目指すものにとってちょうど良い。自分が興味のある分野か、TOEICでよく出る経済用語がオススメだ。出典: toeic900.jpn.org

【9】話すトレーニングにも手を抜かない

Photo by Earthworm

覚えるだけではなく、話す練習もしてみましょう。口ずさむだけでも良いみたいです。

TOEICで900以上取るような人は話すのも結構上手です。問題集の文章を口ずさむだけでもいいので、アウトプットの時間を増やすのもいいでしょう。出典: oshiete.goo.ne.jp

いかがだったでしょうか。すでに実践していたものはいくつくらいありましたか?ひたすら同じ問題を解いて対策する、といった地道で効果の出にくい勉強法もありましたが、点数を上げるためにはやはり地道な努力が必要なようです。『Wikipedia英語版を眺める』などはすぐに実践できそうです。これからTOEIC対策をはじめる方はぜひ参考にしてみてください。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

この記事を書いた人

かっぴー

ひなたぼっことかぴばらが好きです。大学ではドイツ語を専攻していました。

検定カテゴリの人気記事

検定カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!