1. 教育や福祉に興味がある人は必見!ノルウェーでのワーキングホリデーのすすめ
教育や福祉に興味がある人は必見!ノルウェーでのワーキングホリデーのすすめ

教育や福祉に興味がある人は必見!ノルウェーでのワーキングホリデーのすすめ

教育や福祉の先進国として有名な北欧。北欧諸国のひとつであるノルウェーでは2013年に日本とワーキングホリデー制度を締結しました。語学を学べることはもちろん、教育や福祉に関心がある人にはおすすめのノルウェーでのワーキングホリデーについてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

581view

ノルウェーでのワーキングホリデーのメリット

Photo by SuperCar-RoadTrip.fr

語学学習の環境が充実!

ノルウェーではノルウェー語だけでなく、英語も一般的に使用されています。英語が話すことができればほとんど生活に困ることはありませんし、ノルウェーの図書館では無料のノルウェー語勉強会が開催されることもあるので、ワーキングホリデー中に2カ国語が使いこなせるようになるチャンスも有ります。

しかもノルウェーでは国籍を問わず、留学生であっても大学などの教育費が無料!学びの環境が整っています。

女性が働きやすい環境

ノルウェーには女性を積極的に雇用する「クオーター制」という制度があります。これは雇用の内4割は女性という決まりで、ノルウェーの女性就業率は6割を超えています。朝9時に出社して夕方4時に代謝という決まりもあり、ワーキングホリデーでも働きやすい環境です。

ノルウェー滞在中に訪れたいおすすめスポット

ロフォーテン諸島

Photo by dan.kristiansen

ロフォーテン諸島は、4つの大きな島と無数の小さい無人島から成り立っています。「世界で最も美しい場所のひとつ」とも言われる風光明媚な島で、ぜひ訪れたい場所の一つ。

ウルネスの木造教会

1130年前後に建てられたと言われるキリスト教建築とヴァイキング建築が結びついた「ウルネス様式」の教会。1979年には世界遺産に登録されました。

学びの環境が整ったノルウェーで、ぜひワーキングホリデーを。

いかがでしたでしょうか。ノルウェー語の学習はもちろん、大学などの教育費が無料など学ぶ環境が整っているノルウェー。クオーター制の導入で働きやすい環境も整っており、ぜひワーキングホリデーの滞在先に選びたい国です。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

この記事を書いた人

Mari

就職カテゴリの人気記事

就職カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!