1. 中国語は就職にこう生かせ!先輩や企業が語った就活のホンネまとめ
中国語は就職にこう生かせ!先輩や企業が語った就活のホンネまとめ

中国語は就職にこう生かせ!先輩や企業が語った就活のホンネまとめ

留学経験をエントリーシートに書かせたり、中国語面接、さらに入社後の中国語実務や資格手当まで!最近の企業の動きや就活の事例を見ると、中国語のニーズが上昇していることがわかります。気になる就活現場の情報をまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

19206view

最近、ビジネスでの中国の存在感が高まっているらしい・・・、何となく知っていても、 実際に体感するのは就活を始めてからかもしれません。せっかく中国語に興味があるなら、後になって慌てないように、中国語のニーズを知っておきましょう。

いま、ビジネスで注目度No.1の中国語

話者が多いことで注目されてきた中国語ですが、最近は特にビジネスでの重要性が高まり、就活ニーズの1つとなっています。

現在、中国の人口は約13億人。シンガポール・マレーシアなどでも人口の25~60% は中国語を話す人々です。(外務省2011年10月現在) 更に世界各地で生活している「華僑」の人々は推定3000~5500万人。世界の4人に1人 が日常語として中国語を使用している計算になります。国連でも公用語の一つとして採用 されており、中国語は「世界言語」だと言えます。 出典: www.tecc.jpn.com

経済産業省「国際化指標2010(平成23年5月)」

国際化指標(METI/経済産業省)

経済産業省「「国際化指標」検討委員会報告書」によると、日本企業約4,000 社を対象に 行ったアンケート調査から、海外における今後の最重要拠点として、中国が他国を抑えてダントツの1位となっています。 ◆今後 5 年間、最重要拠点として位置付けている国・地域 【1位】中国(香港を除く) 39.8% 【2位】香港0.9% 【3位】韓国 0.5% 【4位】台湾0.5% 【5位】シンガポール 2.4% 出出典: www.jobweb.jp

アジア・太平洋地域主要国の国際会議/展示会・見本市増加率

アジア・太平洋各国で進むMICE施設整備と日本の今後 - コラム・オピニオン | JTB総合研究所

展示会・見本市の出展面積(企業等に出展スペースとして販売された面積)をみると、2011年では1位は中国で8,734千㎡、日本は2位で1,873千㎡となっている。出典: www.tourism.jp

英語と同じく、中国語の資格は社内で評価される!

第二外国語のスキルが企業の待遇に反映されるチャンスは少ないと思われがちですが、中国語ならこんな事例があります。

私の会社では5級210点以上あれば基本給がアップするという制度があります。また、資格手当だけでなく、昇格試験の際も、5級合格以上で点数が加算されるということもあり、受験しました。出典: www.hskj.jp
会社で中国語検定に資格手当がつく事になりました。いま準4級を持っているので資格手当が出る3級を目指そうと思っています。3級をとるには時間がかかると思いますが、月2万円の為なら頑張れると思っています。出典: fightchinese.dou-jin.com

学生の「内向き志向」の中、アジアへの留学者がクローズアップ!

これだけグローバル化が叫ばれている時代に、海外留学する学生は年々減少。留学経験者を採用したい会社では、ライバルが少なく有利に就活できるかもしれません。

経済協力開発機構(OECD)などの統計資料をもとに文部科学省がまとめたところによると、2011(平成23)年における日本から海外の大学など高等教育機関への留学者数は、前年より559人減の5万7,501人でした。海外留学者は2004(平成16)年の8万2,945人をピークに、7年連続で減少。ピーク時に比べて約3割も減った計算です。出典: benesse.jp

言論NPOの調査によると、「日本の海外への留学生の減少が、これからの日本の将来に大きな影響を与えると思いますか。」という質問に77.4%の人が「大きな影響があると思う」と答えました。

言論スタジオ「日本人の留学生はなぜ減ったのか」報告 | 次の日本をつくる言論 | 特定非営利活動法人 言論NPO

その理由は例えば―

日本社会は未だに全体として外国にたいして閉鎖的であるように感じている。近隣諸国に対しても関心がうすい。若いうちから海外で同じ世代の異なった文化、考え方の人たちと接し会話し対話することを経験しなければ本当の議論は不可能だとおもう。海外留学がアメリカを意味するならそれは違うとおもう。アジア諸国にも多くの日本人の若者が留学することをきたいしたいものである。出典: www.genron-npo.net
留学経験者が少なくなるので、あなたの中国留学経験を評価されやすく、スキルアップの武器にできます。更に言ってしまえば、日本の若者は海外志向低下にあるかもしれませんが、各企業は日本市場が縮小、成熟していく中で生き残っていくためには海外抜きには考えられなくなっています。つまり留学経験を活かす場所はどんどん広がっているという事です。出典: crossdoor.net

志望企業に内定した先輩はこうアピールした!

コクヨに内定した先輩は、留学中に行動力を発揮したことを、このように語って合格。

私は、留学中の土地に日中交流施設をつくる企画にオープン前から参加し、その施設のボランティアスタッフをつとめ、帰国直前には日本人留学生を集めて日中交流イベントを企画実行しました。出典: www.jobweb.jp

東芝に内定した先輩は、留学経験をユニークにアピール。

せっかく中国まで留学に来たのだから、語学はもちろん異文化との交流など出来る限りの事を経験したいと思っていたので、ある目標を立てました。その目標とは「中国人に間違えられる」というものです。中国人に間違えられるためには、ただ普通に勉強するだけではなく、ネイティブスピーカーたちと多く話す必要があります。出典: sk.kaisyanavi.jp

Photo by michaelvito

大手企業も、商社も、公務員も、中国語が話せる即戦力がほしい!

ゴールドマンサックスのエントリーシート(2014年)にはこんな質問が。

海外在住経験のある方は、期間、時期、地域をご記入ください。海外在住期間の合計は何年何か月でしたか。直近のものから国名と時期をご記入ください。 例:中国、15歳から16歳/アメリカ合衆国、8歳から10歳ビジネス・レベル以上に堪能な言語を習得されている方はご記入ください。(但し、英語を除く) 例:中国語出典: blog.livedoor.jp

日中貿易のアポロトレイディング株式会社では中国語面接を実施。

当社で働く上で、中国語のスキルは必須です。私たちが求めているレべルとしては、中国の人々と広範囲の話題についてスムースにやり取りができる程度の語学力。面接の場では、あなたがどの程度中国語で意思疎通ができるのかを確認させていただきます。出典: https:

富士山静岡空港を抱える静岡県警察では、中国語が話せる警察官の採用に力を入れています。

静岡県警では10年前より中国語能力を兼ね備えた人材の確保に力を入れてきました。これは、中国人の方々が関係する事件、事故が多く発生していることから、中国語を話せる方の需要が非常に高まっているからです。しかしながら毎年募集人員分の半数ほどしか採用できていません。出典: www.hskj.jp

中国語は1つの手段。人とは違う何かを探求しよう!

就活にあたっては、語学力しかアピールできないという思い込みから意識転換することが必要です。

夏の一時帰国時に、キャリアアドバイザーが面談でKさんの志向を改めて確認したところ、自分には語学力しか企業にアピールできるものがないと思い込んでいたことが判明。「専攻で学んだことも立派なスキルですよ」と企業選びの幅を広げることを提案し、統計学が活かせる仕事として、金融系のシステム構築を得意とするIT企業を紹介した。大の数学好きだったKさんは、この企業を第一志望に決定。企業側もKさんの専門性を評価して出典: job.rikunabi.com

さらに、中国語人材の求人には、日本語が堪能な中国人学生も応募してきます。二ヶ国語が話せるというだけなら中国人学生との差がつきません。

同等であるということは、違いがないということでもあります。就職活動で彼らに負けないためには、違いを出せる何かが必要となってきます。その何かとは、中国で何を考え、どんな経験をし、何を学んだかです。それは決して、インターンシップをして仕事の大変さを学んだとか、ボランティアを通して人の暖かさを知ったとか、そんな上っ面の薄っぺらい物語トークではありません。人間として何を身に付けたか、です。出典: benke.liuxue998.com

日本で何もしないで過ごすよりは、ずっと就活が有利になる中国語留学。でも、次はグローバル学生との競争という1つ上のハードルが待っているんですね。せっかくの留学、世界に通用する力を身につけましょう。

Photo by Lawrence Wang 王治钧

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

この記事を書いた人

きゃしー

プロフィールは設定されていません。

就職カテゴリの人気記事

就職カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!