1. 初心者でも安心。はじめてのフランスで候補に入れたい3つの都市
初心者でも安心。はじめてのフランスで候補に入れたい3つの都市

初心者でも安心。はじめてのフランスで候補に入れたい3つの都市

フランス留学は、パリが一般的です。けれど、フランスには他にも留学先として人気のある都市があります。今回は中でも人気な3都市を選び、オススメポイントや見どころなどと共にご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

531view

地方留学のメリットは?

まず、一番に言えるのは「生活費を抑えられる」ということです。パリと地方の生活費を比べると、パリは地方の2倍生活費がかかると考えて間違いありません。外食などをできるだけ抑えて過ごした場合でも、その差は大きいです。パリはどうしても生活費にお金がかかってしまうので、できるだけ安く留学をしたいという方が地方を選んでいる場合もあります。

そして「自然が多い」ことも地方留学のメリットです。中には海に面した街や、大きな森を持つ街、畑がいっぱいで過ごしやすい街など、大きなフランスだからこそ、パリだけでは見えてこないフランスの姿を学ぶことができます。

また「人が優しい」という点も言えるかと思います。現在は、フランスのどこの地域も治安はあまりよくないのですが、現地に長く住んでいる人はとても心が優しい人が多いそうです。ただし信用しすぎるとトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、そこは慎重に行動下さいね。

では今回は、フランス留学で人気の3都市をそれぞれのオススメポイントともにご紹介します。まずはフランスが世界に誇るリゾート地「ニース」です。

ニース

ニースは地中海に面した港町です。「コート・ダジュール」という地区の一部で、フランスの南にあります。中でもニースは中心地と言われ、夏のバカンスシーズンには世界中から観光客が集まります。パリから特急列車に乗れば6時間、飛行機ならば1時間程度で到着します。気候も一年中穏やかで、住んでいる人々も心暖かい人が多いと、留学地として選ぶ人が増えている街です。

Photo by Scoutchuck

そんなニースは過ごしやすさが一番のメリット!夏の暑い時期には日焼けしてしまうほど気温が上がります。パリと比べると、その気候差はとても大きいですね。私もニースからパリに来た留学生の方を、見たことがありますが、肌が真っ黒に焼けていて「同じフランスでもこんなに違うんだ!」と思いました。

周囲には見どころもたくさんあり、一か月ほどの留学では「時間が足りない!」と思ってしまう方もいました。ニースからバスに乗って、映画祭で有名なカンヌや、モナコ公国を見学に行くツアーもあるほど、観光地がひしめき合った場所にあります。街並みも白い建物が多く、日本ではなかなか見られない珍しい風景が広がっていますよ。

リヨン

リヨンはスイスやイタリアと面した「ローヌ・アルプ」地区にあります。この地区の中で一番有名な街で、フランス第二の都市と言われています。大自然に囲まれた地区なので、心ものびのびと過ごすことができます。スイスの山々が見えたり、モンブランという山も近くにあるので、天気が良ければ見ることができます。

Photo by genevieveromier

また、ローマ時代さながらの街並みの中で過ごすことができるのもオススメしたいポイントです。近くにはローマ時代の城塞を今に残す「ブザンソン」などの都市もあります。聖堂や街並みも他の地域よりも味があり、見ごたえ抜群です。中世や紀元前のフランスにタイムスリップをしたような気分を味わえます。このリヨンの街並みは世界遺産にも登録されているので、必見です。

けれど、一番のメリットは「どこへも行きやすい」というアクセスの良さですね。パリへも特急列車で2時間、飛行機を利用すれば1時間で到着します。国境を越えて、スイスやイタリアへも数時間で到着するので、フランス以外への観光も可能です。

大きな街だからこそ、教育機関や各種機関もしっかりとしていて、語学だけではなく料理やお菓子・ファッションを学びに来る留学生も多いです。だからこそ様々な分野の友達を作ることができ、一生思い出に残る留学ができるのではないでしょうか。リヨンに暮らしている人々も心優しく親切な人が多いので、ホームステイ留学も人気がありますよ。のんびりと自分らしく過ごすことができる街です。

マルセイユ

マルセイユは「プロヴァンス」地方にあります。ニースと同じく、南仏にある地中海に面した港町です。ここは「太陽に愛されている地区」としても有名です。他の地区よりも晴れた日が抜群に多く、観光がしやすいのも人気の理由です。

Photo by Alain Stoll

パリからは特急列車で約3時間ほど、飛行機だと1時間15分ほどかかります。ただせっかくマルセイユに来たのなら、このプロヴァンス地方の魅力をしっかりと感じてほしいです。学校に通うだけではなく、積極的に外に出かけて、地中海や海辺を歩くのも良いですね。

マルセイユは晴れの日が多いので、テラスでランチや休憩をするのも楽しいそう。とにかくアクティブに動きたい方にピッタリな留学地です。勉強はもちろん、現地の人と楽しく会話しながらお買い物をしたり、街になじんでいけば、他では体験できない楽しい留学になるはずです。

けれど、港町でありながら、周りには古代遺跡も山ほどあります。紀元前のフランスを今に残すスポットや、中世時代に建てられた建造物も多く、観光だけでも時間が足りないほどの見どころがありますよ。聖堂や美術館など、万が一雨の日でも楽しめる観光地もあるので、どんな日にも外に出て、楽しいマルセイユ散歩を楽しんでほしいです。

フランス地方留学もぜひ視野に入れて下さい

フランス留学=パリだと私も思っていたのですが、地方留学には地方だからこそのフランスの良さが溢れていて、全体的にゆったりとした気持ちで過ごすことができるそうです。生活費も抑えられるので、ぜひこの選択も視野に入れてほしいと思い、今回記事を書かせていただきました。

フランスにはほかにもたくさんの人気な地方都市があります。今回は人気の3都市をご紹介しましたが、今後回を重ねるごとに、見どころ満載の都市をご紹介していきますので、楽しみにお待ちいただけると幸いです。今回もお読みいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

この記事を書いた人

:MME:

フランスとフランス語が大好きです。

留学カテゴリの人気記事

留学カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!