1. 英語のリスニング力を伸ばすために克服したい、リスニングのおすすめ勉強法
英語のリスニング力を伸ばすために克服したい、リスニングのおすすめ勉強法

英語のリスニング力を伸ばすために克服したい、リスニングのおすすめ勉強法

英語のリスニングがどうしても苦手、と感じる人は多いのではないでしょうか。今回は、シャドーイングとディクテーションにフォーカスを当てたリスニング力を伸ばすための有名な勉強方法について書いてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

983view

リスニングが苦手、という人は多いのではないのでしょうか。私たちが普段耳にするのは日本語ですし、英語の長文を流されても、内容が聞き取れず苦戦することも多々あります。そこで、効果的なリスニングを上達させる勉強方法をまとめてみました。

シャドーイング

Photo by TEDxKyoto

リスニングの有効な勉強方法のひとつにシャドーイングがあります。シャドーイングとは聞こえてきた英語を真似して発声するという勉強方法です。

シャドーイングの目的

最近は色々な目的でシャドーイングが使われることがあるようです。 しかし本来の目的は、英語の音やリズムを身につけるためのトレーニングと考えるといいでしょう。 聞こえてくる英語を真似することで、英語独特の発音や、音の強弱に慣れていくのです。出典: www.eigo-kikitori-benkyou.com

シャドーイングは英語音声(CDなど)や、それを英文に書き起こしたスクリプトが必要です。最近のリスニング対策本には、CDとスクリプトがついたものが多いので気軽に手に入ると思います。

シャドーイングの効果

リズムとイントネーションがきれいになる •発音がよくなる •単語同士の音のつながりに強くなる •区切り(息継ぎ)の位置が分かる •英語のスピードに慣れることができる •会話のレスポンスが良くなる 出典: wenblish.com

上記のように、シャドーイングの利点はたくさんあります!初めは短くて、ゆっくりな英文で構いません。数をこなしていく中で上達を感じていきましょう。

ディクテーション

Photo by takako tominaga

ディクテーションは、聞こえた英文を紙に書き取るという勉強方法です。中学・高校の授業でやった人も多いのではないでしょうか。

ディクテーションの目的

ディクテーションは内容を理解する訓練ではなく、単語・フレーズ等における発音及び発音の結合・欠落等について確認し、耳に焼き付ける訓練です。出典: www.polyglot-master.org

ディクテーションを行うと、自分が聞き取りにくい部分が分かるようになります。例えば、「What are you doing?」という文章は、「ワラユードゥーイング?」と聞こえるはずです。Tの音は消え、流れるような発声に変化していることに気付きます。

単語帳とにらめっこして英語学習していると気付かない点ですよね。案外中学校で習ったような単語が、文章になると聞き取れない!という現象はよくあることです。

ディクテーションの効果

1、語彙力がつく 2、文法・構文力がつく 3、ライティング力のアップ4、スピーキングの向上5、総合力のアップ出典: www.cyber104.com

ディクテーションは時間がかかる勉強方法ですが、しかし、その分リスニングだけでなく、英語4技能を一度にのばすことができる優れた勉強法です。「急がば回れ」というように、一見大変そうに見えるディクテーションで勉強することが上達への近道になるでしょう。

まとめ

Photo by ps721118

有名な2つの勉強方法をまとめてみました。よく「スピードラーニング」という聞き流すだけで英語が上達するという教材があります。しかし、上記で述べた勉強方法のように、自分でアウトプットする作業が大切です。そしてそれを続けてください。リスニングの力は1日、2日で上達するようなものではありません。根気強く、勉強していきましょう。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

この記事を書いた人

shihooou

リスニングカテゴリの人気記事

リスニングカテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!