サービス終了のお知らせいつもLAFY(ラフィ)をご利用いただき、ありがとうございます。
この度、誠に勝手ながら 2017月10月31日 をもちましてWeb版LAFYで提供しております、すべてのサービスを終了させていただくこととなりました。
いつもLAFYをご利用いただいている皆様には大変ご迷惑をおかけいたします。何卒ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

  1. アメリカ人とイギリス人が対談をすると驚きの結果が...
アメリカ人とイギリス人が対談をすると驚きの結果が...

アメリカ人とイギリス人が対談をすると驚きの結果が...

同じ英語を話すアメリカ人とイギリス人、しかし同じ言語でもそれぞれの国が話す言葉は全く異なる言語だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3992view

こんなにも違う英語と米語!

Photo by UKTI

アメリカ人もイギリス人も母国語としているのは同じ英語ですが、発音のイントネーションから、スペル、使う単語など全く違う場合があるんですね。

それぞれの国で意味が異なり誤解が!?

私たちが普段学校で習ったり聞いたりしている英語の文法はほとんどがアメリカ英語ではないでしょうか。実はこれらの表現、イギリスではこうなります。

アメリカ人が "i like chips." (チップスが好き) というと、イギリスでは違う食べ物を連想してしまうかも。

"chips" はアメリカではポテトチップス。しかしイギリスではフライドポテトのことを言う。

イギリスでポテトチップスはcrisps(クリスプス)。クリスピーな感じですな。

If you want to go there, use the subway.

「そこに行きたいならサブウェイを使うといいよ」サンドイッチ?いえいえ。

アメリカでsubwayは地下鉄。イギリスでは、地下道のこと。イギリスで地下鉄はtube(チューブ)またはunderground(アンダーグラウンド)と言う。

イギリスではRubberは消しゴムという意味。「誰か~、消しゴム持ってない?」と教室で大声で聞いても大丈夫。ところが、アメリカでrubberと言えば、コンドームのこと。これをアメリカの教室で言うとどんな反応が返ってくるのか…。 出典: www.eigotown.com
アメリカでは、「彼はサスペンダー(ズボンつり)を着けていた」という意味。しかし、イギリスでsuspendersと言えば、女性のセクシーランジェリー、ガーターのこと。ということは…。イギリスでズボンつりは、braces。 出典: www.eigotown.com

同じ言葉を話しているハズなのに単語によって全然違う意味になってしまうのは不思議ですね。

Photo by Luke Hayfield Photography

実際にアメリカ人とイギリス人が対談するとどうなる?

Youtubeで実際にこの話題についてあげられた動画がいくつかみつかりました。

とくに興味をもったのが、"British vs American" という内容でイギリス人とアメリカ人がそれぞれのアクセントに対してジャッジしたり、突っ込んだりするやりとりが面白いです。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

  • こんな時どうしたら?そんな時に使える英語で接客フレーズ~レストラン編~

    こんな時どうしたら?そんな時に使える英語で接客フレーズ~レストラン編~

    バイト先などで急に外国人観光客が来た!けれどなにを話したらよいのかわからない。そんな経験ありませんか?

    ネイティブが日常的にオフィスで使う英語フレーズ11選【中級編】

    ネイティブが日常的にオフィスで使う英語フレーズ11選【中級編】

    近年、グローバル化が急速に進み、仕事のなかで海外企業とやり取りをする会社も増えてきました。企業の海外進出の際には、商談や交渉などをスムーズに運ばせるレベルのビジネス英語力が必要となります。今回はネイティブがオフィスでよく使う英語表現を紹介します。なかなかなじみのない表現ですが、海外へ就職する方や英語を仕事で使う方はしっかりと覚えておきましょう。

    英語で伝える、「今年の抱負」まとめ

    英語で伝える、「今年の抱負」まとめ

    2015年がスタートしました!皆さん、きちんと今年の抱負を決めて生活していますか?まだ!という方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は様々な抱負を英語で伝えてみましょう!

    まずは毎日5単語から!英語が苦手な人でも実践できる覚え方

    まずは毎日5単語から!英語が苦手な人でも実践できる覚え方

    大学生になったらもう英語の勉強なんかしたくない!残念ながら多くの大学で英語は必修科目となっています。少しでも苦手な英語の授業を理解できるように、まずは毎日単語5個を覚えてみましょう!

    知っておくべきものはこの3単語だけ!使うだけで会話を華やかにする3つの単語

    知っておくべきものはこの3単語だけ!使うだけで会話を華やかにする3つの単語

    ホームステイや留学に来たばかりのときは、どんな言葉が現地で使われているのか分からないと思います。しかし、たった一単語を言うだけで会話をよりスムーズにしたり、明るくできる言葉たちがあります。これらは筆者が実際の体験から見つけたのではなく、まだ英語ができないときに映画やテレビを見て見つけた言葉です。もちろん、これ以外にもたくさんこんな言葉があります。皆さんも是非見つけてみてくさい。

この記事を書いた人

さっちー

プロフィールは設定されていません。

会話カテゴリの人気記事

会話カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!