1. 二カ国留学で英語力を上昇させよう!二カ国留学のメリットは?
二カ国留学で英語力を上昇させよう!二カ国留学のメリットは?

二カ国留学で英語力を上昇させよう!二カ国留学のメリットは?

近年、フィリピン留学後にオーストラリアやニュージーランドなど、二カ国を周る留学形式が流行っています。その魅力をお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1141view

英語力を飛躍的に上げたいなら

Photo by ropaisus

二カ国留学の流れ

最近では様々な留学形態があり、自分の希望に沿った留学プランを作成することが可能です。その中でも英語力を高めることに重点を置いた二カ国留学が流行っています。一般的に言われている二カ国は、フィリピンからオーストラリア、フィリピンからニュージーランドという流れです。

移動時間

日本からフィリピンは4時間半ほど、フィリピンからオーストラリアは5時間ほどで到着することができるので、非常にスムーズに留学国を変更することが可能です。

最大のメリット

二カ国留学のメリットは単純に二カ国での生活ができるということではありません。もちろん生活を楽しみたい、たくさんの国に行きたいという想いを叶えてくれる留学形態でもありますが、1番のメリットは英語力を飛躍的に伸ばすことができる事にあります。

二カ国留学は費用対効果が高い

最初の留学国はフィリピンになるのですが、フィリピン人の英語は大変聞き取り安く、授業も非常に安価で、ワンツーマン授業になるので、費用を抑えながら英語の基礎をしっかりと学ぶことができます。最初からネイティブの国へ留学してしまうと、英語が聞き取れないだけでなく、物価も高いので費用対効果が低い傾向にあります。

マンツーマンレッスンと少人数制グループレッスンで英語力向上の効果は2倍にも関わらず、物価や人件費が安い発展途上国ということもあって、欧米留学の半分程度の費用で同じ期間の留学が可能になります。出典: 留学ドットコム

フィリピン人は英語ネイティブではない

そのような事にならないように、まずはフィリピン留学で基礎を習得する必要があるのです。しかし、フィリピン留学だけで完結してしまう事も英語学習において賢明だとは思えません。なぜなら、フィリピンは英語はあくまで第二言語であり、ネイティブではないのです。

二カ国目に渡航するタイミング

文法など基礎的な部分に関してはフィリピン人の先生でもまったく問題ないのですが、ネイティブ表現というのはフィリピンでは学ぶことはできません。目安としてはTOEIC600程度取得できたら、ネイティブの国へ留学する事をお勧めします。

まとめ

フィリピンのメリットは文法、リーディング、リスニングなど基礎的な部分を短期間で飛躍的にアップすることができます。ネイティブの国への留学はネイティブ表現、言い回し、ビジネススキルを習得することができます。二カ国に留学することによって、お互いのメリット、デメリットをお互いに補完することが可能になるのです。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

この記事を書いた人

tetsuro1156

留学カテゴリの人気記事

留学カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!