サービス終了のお知らせいつもLAFY(ラフィ)をご利用いただき、ありがとうございます。
この度、誠に勝手ながら 2017月10月31日 をもちましてWeb版LAFYで提供しております、すべてのサービスを終了させていただくこととなりました。
いつもLAFYをご利用いただいている皆様には大変ご迷惑をおかけいたします。何卒ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

  1. フランス語検定受験するには?仏検、DELF・DALF、TEFやTCFの受験の流れ
フランス語検定受験するには?仏検、DELF・DALF、TEFやTCFの受験の流れ

フランス語検定受験するには?仏検、DELF・DALF、TEFやTCFの受験の流れ

フランス語検定受験するには?仏検、DELF・DALF、TEFやTCFの受験の流れについて、それぞれ調べてみました。受験料(日本で受験する場合)や実施都市、実施日程についてまとめているのでこれからフランス語検定を受験する人は参考にしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1955view

Photo by SurfGuard

仏検(実用フランス語技能検定試験)の受験の流れ

郵送とオンラインでの申し込みが可能です。実施都市も多く、初心者向けの5級4級は検定料も5000円以下です。郵送の場合、検定料の納入は郵便・銀行振り込みのみですが、オンラインでの申し込みの場合、クレジットカートやコンビニ支払いも可能です。

仏検のAPEF/公益財団法人フランス語教育振興協会

受験料 *日本で実施の場合(パリ会場は異なる)

5級 3500円。 4級 4500円。 3級 5500円。 準2級 7000円。 2級 8000円。 準1級 10000円。 1級 12000円。

実施日程

6月、11月(サイト要確認)

実施都市

札幌、弘前、盛岡、仙台、秋田、福島、水戸、宇都宮、群馬、草加、千葉、東京、横浜、新潟、金沢、甲府、松本、岐阜、静岡、三島、名古屋、京都、大阪、奈良、鳥取、松江、岡山、広島、高松、松山、福岡、長崎、熊本、別府、鹿児島、西原町、パリ(以上、1次試験実施都市)* 2次試験を実施する都市は少ないため確認のこと。

願書受付締め切り

試験日の約1カ月前

受験までの流れ ①郵送

願書入手 ⇒ 願書記入 ⇒ 検定料納入 ⇒願書郵送 ⇒ 受験票受け取り ⇒ 【第一次試験 受験】 ⇒ (約1カ月後)1次試験 結果通知(準2級以上⇒【2次試験 受験 】⇒最終結果通知)

受験までの流れ ②インターネット

ID取得 ⇒出願情報入力 ⇒ 検定料納入 ⇒ 受験票受け取り ⇒ 【第一次試験 受験】 ⇒ (約1カ月後)1次試験 結果通知(準2級以上⇒【2次試験 受験】 ⇒最終結果通知)

Photo by Eric.Ray

DELF / DALFの受験の流れ

申し込みと結果の受け取り共に、受験する試験センターへ直接赴く必要があります。その際、パスポートなど写真付きの身分証明書の提示が必要ですので、忘れずに持参してください。また試験会場の規模により定員が授けられている場合がありますので、早めの出願をお薦めします。

DELFDALF.JP

受験料

A1 : 11.000円。 A2 : 11.000円。 B1 : 13.000円。 B2 : 13.000円。 C1 : 15.000円。 C2 : 15.000 円。

実施日程

実施する試験センターにより異なります。必ずサイトにて確認してください。

実施都市

東京、横浜、仙台、名古屋、京都、大阪、徳島、福岡

願書受付締め切り

試験日の約6週間前

受験までの流れ *基本的に受験する各試験センターへ直接申し込み

願書入手 ⇒ 願書記入 ⇒願書提出・検定料納入・受験番号(受験票)の発行 ⇒【 受験 】⇒(約2カ月後)センターから通知 ⇒ センターへ結果を受け取りに行く

TEF(フランス語学力テスト)の受験の流れ

申し込みは郵送受付のみで、締め切りが試験日の約2か月前と早めですので、余裕を持って願書を送付してください。検定料が比較的高く、実施都市が東京と大阪のみですので、特に地方在住者には気軽に何度も受験できる試験ではありませんので、しっかり準備をして臨みましょう。

フランス語能力認定試験 TEF|日仏文化協会

受験料

15.000円。オプション試験(筆記)10.000円。オプション試験(口頭)10.000円。

実施日程

2月、6月、10月(オプション試験が実施されるのは年1回。サイト要確認)

実施都市

東京、大阪のみ

願書受付締め切り

試験日の約2ヵ月前に締め切り

受験までの流れ *郵送のみ

願書入手(サイトよりダウンロード、または資料請求にて)⇒ 願書記入(証明写真貼付)受験料を銀行振り込み ⇒ 願書郵送(銀行振り込みの控えのコピーを同封)⇒ 試験日約10日前にConvocation(受験通知)が届く⇒【 受験 】⇒(約6週間後)結果証明書が届く

Photo by sarah0s

TCF(フランス語能力認定試験)の受験の流れ

DELF同様、申し込みと結果の受け取り共に、受験する試験センターへ直接赴く必要があります。また、TCF SOと言うオンラインでの試験も大阪と京都のみで受験可能です。TCF SOの場合、年間を通じていつでも受験が可能で、願書の締め切りが希望する受験日の10日前までです。結果も試験後にすぐわかります。(但し、証明書は1カ月後に発行されます。)

*TCF DAP(大学の予備登録の際に必要な証明書)は1年に1回だけ、2月に実施されます。東京、京都、福岡の3都市のみ。必要な方は注意してください。

TCF

受験料

12,000円 (オプション口頭・筆記とも各12,000円)

実施日程

試験センターにより異なりますので、サイトにて確認してください。

実施都市

仙台、東京、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡

願書受付締め切り

試験日の約1カ月前

受験までの流れ *基本的に受験する各試験センターへ直接申し込み

願書入手 ⇒ 願書記入 ⇒願書提出・検定料納入・控え(受験票)を貰う ⇒【 受験 】⇒(約1カ月後)センターから通知 ⇒ センターへ結果受け取りに行く

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

この記事を書いた人

jin00

検定カテゴリの人気記事

検定カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!