1. フランス語をはじめよう!ラジオ講座のすすめ
フランス語をはじめよう!ラジオ講座のすすめ

フランス語をはじめよう!ラジオ講座のすすめ

はじめてフランス語を勉強する方にラジオ講座とおすすめの文法書についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

566view

エッフェル塔にクロワッサン、ルーブル美術館、フランスに憧れる人は多いはず。旅行の時に少しでもフランス語で話せたらすてきですね。 そんなフランス語ビギナーのためにおすすめなのがNHKのラジオ講座です。

「まいにちフランス語」でフランス語の基礎を勉強しよう!

Photo by philch6

「まいにちフランス語」では1日15分でフランス語の勉強ができます。文法やリスニング、読解、スピーキングなど総合的に勉強すできるのがポイント。

読解

講座が始まる前にスキットに一通り目を通してわからない単語を調べておきましょう。わからないところは☆マークなどつけて整理しておきます。日本語文を隠して意味が取れているか確認しておくのも大切ですね。

リスニング

ネイティブの先生の音読に従って読み上げてみましょう。慣れてきたらシャドーイングに挑戦してみるのもおすすめ。フランス語は発音が独特なので、気になるところは線を引いて何度も発音してみましょう。

文法

文法問題はノートに書き写しておくとライティングの勉強にもなります。どこが主語で動詞なのか、文法的な分析をしておくと理解が深まります。

スピーキング&ライティング

その回で習った文法を使って自分の考えを書く問題が用意されていることもあります。書き終わったら読み上げてみましょう。

「基礎編」がおわったら「応用編」へ

基礎編ではフランス語の基本的な文法と日常的な言い回しを学びます。基礎編の内容が一通り出来るだけでも旅行がぐっと楽しめるようになります。応用編ではフランス語の小説やエッセイを課題にしています。少し難しくなりますが、基礎編が終わったら挑戦してみるのもおすすめです。

はじめに揃えたい文法書

Photo by torisan3500

「増補改訂版 新・リュミエール―フランス文法参考書」(駿河台出版社)という文法書がおすすめです。文法で初心者がつまづきがちな点について詳しく説明されています。練習問題も豊富に用意されているので、無理なく定着させることができます。

フランス語の扉を叩いてみよう!

Photo by Shinichiro Hamazaki

いかがでしたでしょうか。1日15分という手軽さながら充実した内容のラジオ講座。聞き逃してもストリーミングサービスを利用することができます。CDなどを利用すればiPodなどに入れて通勤時間を勉強時間に当てることもできますね。。日々の積み重ねでフランス語の充実を目指しましょう。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

この記事を書いた人

Mari

文法カテゴリの人気記事

文法カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!