1. アフリカでフランス語留学!?おすすめ都市と学べる内容のまとめ
アフリカでフランス語留学!?おすすめ都市と学べる内容のまとめ

アフリカでフランス語留学!?おすすめ都市と学べる内容のまとめ

フランス語留学に行くとなると、行き先の候補はまずフランス、カナダ・・・?実は、アフリカの国々でもフランス語留学ができるんです。アフリカ留学の特徴をまとめてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6085view

フランス語はアフリカ大陸の20カ国以上にも及ぶ国々で公用語として広く使われています。フランス語の教育水準が高い国々もあり、フランスに行くよりも安く留学できることがメリットの1つ。さらに、アフリカでしかできない体験を求めて、あえて留学先に選ぶ人も増えています。

Photo by Akuppa

▼アフリカの言語分布

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/l/language_and_engineering/20120225/20120225085539.jpg

アフリカに留学に行く人の間では、語学学校でフランス語を学び、1日数時間、学校や福祉・環境保護などの機関で活動するボランティア留学に人気があります。

アフリカならできるボランティア留学!

▼子供たちとの交流、ボランティア現場で

http://kyukatsu.com/wp-content/uploads/2013/06/550164_10150939061946982_1685896326_n.jpg

ボランティアの種類は,幼児教育,高齢者・障害者福祉,環境保護,動物愛護,文化交流,災害対策等と様々… 渡航する時期・国によってもニーズが変わります。海外ボランティアに参加するには,人の力になってあげたいという気持ちと少しの語学力があれば十分です。ボランティア参加者の大半が一人で参加される海外初心者の方ですので,心配ありません。出典: www.dynaphil.com
幼稚園、小学校、中学校、障害を持つ子どもの学校などで、先生として活動するプロジェクトです。幼稚園や小学校では技術は要求されませんし、仕事も特別難しいものではありませんが、中学校では交換生の能力と知識によっては理科(化学・科学)、言語、コンピューターなどの技術、音楽や美術などの科目を教えることもできます。出典: www.anokuni.com
インターネットで募集していたボランティアプログラムに参加して、アフリカの教員育成学校でボランティア活動をしてきました。私と同い年ぐらいの学生を相手に、英語やパソコンを教えたり、HIV防止プログラムの講師をしました。他にも、図書館の管理なんかもありました!出典: www.otaru-uc.ac.jp

この先輩は、「行ける時に行っておくべきだと思います!特に、順応力のあるうちに行っておけば、たくさんのことを吸収できるし、経験してムダになることはないので是非留学に行ってみてください。」とアドバイスしてくれています。

では、いよいよ留学に向いている国を見てみましょう。

アフリカ屈指の教育水準の高さを誇る「セネガル」

▼セネガルの街並み

2011/7/12 アフリカ留学体験記! - 商大くんがいく!

動機は「野生の王国をこの目で見てみたい」という、いたって単純なものでしたが、残念ながら派遣された国、セネガルではそのような体験はできませんでした(苦笑)。このセネガルという国は西アフリカ最西端に位置し、仏語圏アフリカでは中心的役割を担う国で、同国で過ごした2年半の経験がその後の仕事を運命づけました。出典: francais.lang.nagoya-u.ac.jp
セネガルはフランス語圏アフリカであるので、公用語がフランス語です。多くの人がフランス語で話しかけてくれましたが、聞き取れなかったり言いたいことがあっても言い方がわからず伝えられなかったり、悔しい思いばかりでした。私の中では一生懸命フランス語を勉強してきたつもりでしたが、ほとんど始めたころと何にも変わっていないと気づきました。出典: https:
フランス資本のフランス人が教える学校があり、質の高い授業を月数万円の格安料金で提供しています。私も、この学校でフランス語の能力を磨きました。世界中の人がセネガルにフランス語を学びに来ているため、留学に来ているアフリカ、中東、アジアの富裕層との人脈もできます。(イラク、ブラジル、ガンビア、スペイン、オーストラリア、ロシア、中国、韓国、ギニアビサウなど。中には某国政府の役人もいて驚きました。)出典: africa-shokai.jimdo.com

きれいなフランス語が学べて観光の魅力も満点の「モロッコ」

▼モロッコのマーケット

http://1.bp.blogspot.com/-EHlxhJavHDg/UtsuJmzDyKI/AAAAAAAACZk/zdME-FZmgjI/s1600/000042.JPG

スパイスの香り立ち込めるスーク(マーケット)から美しいリヤド(中庭を持つ伝統的なモロッコスタイルの邸宅や宮殿)まで、まさに知覚過負担に陥ってしまいそうな国、それがモロッコです。各都市にある旧市街メディナの迷路のような通りにある美しい建造物や、市場、遺跡などを訪れてみてはいかがでしょうか。 映画で有名なカサブランカや首都・ラバトなど海辺にある都市では太陽が燦燦と照るビーチを楽しめます。出典: www.languagecourse.net
モロッコはかつてフランスの保護領であったため公用語のアラビア語以外にフランス語が広く通じます。特に語学学校の先生は訛のないフランス語を話します。一定の期間現地で生活をしながら学校に通うならば、モロッコの物価の安さは魅力的です。今でも独自の文化を保ちながら活気溢れる街で生活する人々はのんびりしていておしゃべり好き。ひとたび市場に出向けば「ボンジュール」「サヴァ?」と話しかけられることでしょう。出典: gengobridge.com

モロッコの留学生たち

Photo by Volunteer Abroad UBELONG

かなり発音のプロフェッショナル。発音をかなり重要とみなしているので、熱心に発音の仕方を教えてくれる。でも時々何言っているかわかんない。覚えた単語をつなぎ合わせて理解してる私。隣に座るとってもかわいいモロッコ人が心配してくれて、一生懸命に私に説明してくれる。フランス語がそもそも分からないので、何度説明してくれても分からないんだけれど、、、、出典: ameblo.jp

西アフリカの真珠と言われる美しい国「トーゴ」

▼トーゴの首都・ロメの街並み

モロッコ フランス語の学校|世界中に滞在

アフリカ大陸西部、ギニア湾に面した共和国。ベナン、ブルキナファソ、ガーナと接する。南北に細長い小さな国だが、ビーチ、湖、高原、国立公園と、ひととおりそろっている。首都ロメは高層ビルが建ち並び、かつて「西アフリカの真珠」とうたわれたほど美しい街。ギニア湾に面する海岸線は70km。内陸部は低い山地。南部は高温多湿の熱帯性気候。北部はサバンナ気候で南部よりも雨量が少なく、湿度も低い。出典: www7a.biglobe.ne.jp
トーゴはフランス語圏なので、日常会話は全てフランス語です。現地語のエベ語もありますが、小学校から教育は全てフランス語でなされるので、住民の90%以上はフランス語が理解できます。英語は。。。うん。頑張ろう。出典: blog.livedoor.jp

大西洋に面する象牙の海岸、「コートジボワール」

▼世界遺産にも登録された「グラン・バッサムの歴史都市」

国土面積は、ちょうど日本の面積から四国を除いた面積とほぼ同じで、ほぼ正方形をしています。気候的に見れば、南部は熱帯雨林地帯、北部はサバンナ地帯で、国の中でも気候が大きく異なっています。 かつてフランスの植民地であったことから、今でも公用語はフランス語で、国名のコートジボワールもフランス語の名称です。出典: rikutabi.blog.jp
日本人でフランス語が出来る人は大抵フランスを経由して来ていてその人たちは口々に「ここの人たちって何言ってるか分かんないのよね」と言っている。なんとなく笑顔で流すけれど、なんですと?これはフランス本土の言葉とは違うでしょうか?出典: lamer0310.hatenablog.com

いかがでしたか。国際協力分野での研究や就職をめざしている人だけでなく、普通の語学留学じゃない経験をしたい人、日本とまったく違う環境の中で自分を試したい人など、アフリカ留学ではかけがえのない経験ができそうですね。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

この記事を書いた人

きゃしー

プロフィールは設定されていません。

留学カテゴリの人気記事

留学カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!