1. ヨーロッパでも格安で滞在できる!ポーランドでのワーキングホリデーのすすめ
ヨーロッパでも格安で滞在できる!ポーランドでのワーキングホリデーのすすめ

ヨーロッパでも格安で滞在できる!ポーランドでのワーキングホリデーのすすめ

2015年に始まったポーランドのワーキングホリデー。まだまだ制度が始まってから日が浅いということもあってあまり知られていませんが、ヨーロッパでも格安で滞在できるなど様々なメリットが有ります。そんなポーランドのワーキングホリデーについてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

511view

ポーランドのワーキングホリデービザ

Photo by Travel-Picture

まだまだ制度が始まってから日の浅いポーランドのワーキングホリデーですが、500人という発給人数に対して2015年は約半分のワーホリビザが発給されました。対象年齢は18~30歳と他の国と変わりありませんが、1年間滞在できかつ就学就労に制限がありません。

ポーランドのワーキングホリデーで必要な費用

ポーランドはヨーロッパの中でも比較的物価が安く親日国としても知られています。物価のやすさは東南アジアに匹敵するレベル。食材も日本の3~4分の1ぐらいで購入でき、パン1つが50円なんてことも。自炊すれば更に費用を抑えることができます。

ポーランドの魅力

Photo by Travel-Picture

文化と芸術を楽しめる!

ポーランドは文化と芸術の国でもあり、ショパンを始めとした多くの音楽家を輩出しています。毎年4月に1ヶ月掛けて行われる「ショパンコンクール」の間には、開催地である首都ワルシャワに世界中から人が集まります。音楽関係のキャリアを考えている人にはポーランドのワーキングホリデーはぴったりかもしれません。

古い街並みが美しい!

ポーランドでは古い街並みを活かす政策が取られており、100年前に建てられた建物がアパートやレストランとして利用されています。また自然保護にも力を入れているので、街中に自然があふれています。

ポーランド国内旅行のすすめ

ポーランドは物価が安いだけでなく交通機関も充実しています。1日辺り約500円でバスやトラムが乗り放題で、日本のビジネスホテルに匹敵するレベルのホテルには5000円ぐらいで泊まることができます。地元の料理を味わうことができるレストランでは500円から700円程度で食事ができます。

ポーランドおすすめ観光スポット①聖アンナ教会

ワルシャワでも古い教会の一つの聖アンナ教会。シンプルな外見からは想像ができないほど内装はきらびやかで、結婚式場としても人気です。

ポーランドおすすめ観光スポット②ワジェンキ宮殿

国立博物館の分館として一般公開されており、現地の人達の憩いの場として人気です。

おわりに

いかがでしたでしょうか。まだまだ始まったばかりのポーランドのワーキングホリデー。格安でヨーロッパに滞在できる、文化や芸術を味わえるなど、様々な魅力でいっぱいです。ぜひ滞在先として検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

この記事を書いた人

Mari

就職カテゴリの人気記事

就職カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!