1. アメリカは入国審査が世界一厳しい?空港での手荷物チェックで気をつけておくべきこととは
アメリカは入国審査が世界一厳しい?空港での手荷物チェックで気をつけておくべきこととは

アメリカは入国審査が世界一厳しい?空港での手荷物チェックで気をつけておくべきこととは

海外でアメリカの空港を経由する際、気付いたことはありませんか?他の入国に比べ、アメリカでは比較的厳重に手荷物チェックされますよね。これから渡米される方に参考になればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3025view

海外でアメリカの空港を経由する際、気付いたことはありませんか?他の入国に比べ、アメリカでは比較的厳重に手荷物チェックされますよね。これから渡米される方に参考になればと思います。出発前に確認してみて下さい。

アメリカへ渡る前にこれだけは知っておこう!

世界一厳しい!?空港の手荷物チェック!

アメリカへ入国するのはとても厳しいのはご存じですか?しかも入国するだけでなく、経由するだけでもセキュリティーは他国と比較してかなり万全なのです。どのようになっているのでしょうか。

Photo by Thomas Hawk

2001年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロ事件(9.11)でテロに航空機が用いられたことから、9.11以降は空港での保安体制が大幅に強化され、機内に持ち込める手荷物検査や身体検査が厳しくなり、そもそも持ち込める品についても制限が厳しくなりました。出典: gigazine.net

国土安全保障省にTSAという運輸保安局ができ、空港でのセキュリティーチェックがとても厳しくなり、人々に安心して渡航をしてもらうためにできたセキュリティーですが、空港にできている長い列を見ると、旅行前にげんなりしてしまいますよね。

荷物検査に引っかかり、何度もチェックされ、飛行機に間に合わない...

そんなことが出発当日に起こらないよう、必ず知っておくべき点をまとめます。

いかに空港のセキュリティーチェックポイントを簡単にくぐりぬけるか

というのは、なかなか重要な問題であります。

トレイにモノを入れる順番など誰しもが自分なりのルールを持っているようですが、国土安全保障省前長官マイケル・チェルトフ(Michael Chertoff)氏も例外ではありません。

彼は、トレイにモノを入れる順番からゲート通過、そしてすべてのアイテムをまた身につけるまでの順番について語っています。

彼の方法の中心となるのは「ジャケット」です。財布や携帯機器、その他のものをトレイに入れるのではなく、それらすべてをジャケットのポケットにあらかじめ入れておきジャケットごとトレイに入れるのです。

トレイにも順番があり、ゲートをくぐり抜けた後に身につける順番で入れて行きます。

空港で書類を提示した後、書類は胸ポケットへ入れます。荷物の「スクリーニング」の際にはまず靴から脱ぎます。靴は常にローファーと決めています。靴に続いてジャケットをトレイに入れ、液体物はジャケットの上に乗せます。その次のトレイにはノートパソコンが入り、キャリーオンアイテムがそれに続きます。この順番通りにゲートをくぐった後に靴を履き、ジャケットを着て液体物とノートパソコンへ手を伸ばすと荷物はもう目の前。出典: Bloomberg Businessweek Melanie Pinola(原文/訳:まいるす・ゑびす)

セキュリティチェックポイントに達する前に準備をしておけば必要以上に時間を取られることもないはずです。これが正解というやり方があるわけではもちろんないので、自分なりにアレンジして参考にしてみてください。

Photo by cseeman

現地の空港では、必ず乗客はコートを脱ぐ、靴を脱ぐ、液体は決められた分量、電子機器などはかなり厳重にチェックされるでしょう。当日に焦ることがないよう、前日にひっかかりそうなものは持ち込まない、あるいはスーツケースにまとめる、などある程度の時間のロスを防ぎましょう。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

  • 留学の強い味方「留学ジャーナル」を使った留学や料金も調査

    留学の強い味方「留学ジャーナル」を使った留学や料金も調査

    留学をしたい!と思ったけれど、いざどうやってするのかわからないと思っている方はぜひ「留学ジャーナル」という留学サービスを利用してみましょう!今回はそんな留学サービス「留学ジャーナル」の利用方法や料金、口コミなどをまとめてみました。

    留学のために休学するってアリ?休学留学のメリットと注意点

    留学のために休学するってアリ?休学留学のメリットと注意点

    最近、休学留学が注目を浴びています。日本の大学に籍をおいたままの留学スタイルで、期間は1年程度が一般的。留学による休学を認める大学が増えてきたことも追い風になっています。そんな休学留学についてまとめました。

    二カ国留学で英語力を上昇させよう!二カ国留学のメリットは?

    二カ国留学で英語力を上昇させよう!二カ国留学のメリットは?

    近年、フィリピン留学後にオーストラリアやニュージーランドなど、二カ国を周る留学形式が流行っています。その魅力をお伝えします。

    ホームステイで得られるもの

    ホームステイで得られるもの

    ホームステイに行くか行かないかで迷っている人も多いと思います。長期休暇を使ってまで行く意味があるのか、高いお金を払って行く意味があるのか、また仕事をしている人は色んなタイミングの問題もあります。そんな迷っている人のために、ホームステイで得られるものをご紹介していこうと思います!得られるものは言語習得だけではありません。

    留学するならアメリカ?アジア?データで見る最近の留学トレンド

    留学するならアメリカ?アジア?データで見る最近の留学トレンド

    留学と言えば、以前は英語を学びに英語圏に行く人が多数を占めていましたが、今では留学の選択肢も豊富。行き先もアジアを中心に多岐にわたっています。最近人気の行き先はどんな国でしょうか?留学に関するデータを集めました。

この記事を書いた人

さっちー

プロフィールは設定されていません。

留学カテゴリの人気記事

留学カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!