1. 大学に入る?私立語学学校?スペインで留学できる学校のまとめ
大学に入る?私立語学学校?スペインで留学できる学校のまとめ

大学に入る?私立語学学校?スペインで留学できる学校のまとめ

スペインに留学するなら、スペイン語だけでなく、フラメンコやクッキング、観光や文化などよくばりに勉強したいですね!もちろん、将来の就職に生かせるスキルも!そんな皆さんのために、スペインで留学可能な学校の種類と特徴をまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

4409view

スペインで留学可能な学校には、大きく分けて大学付属プログラム、私立語学学校、公立 語学学校の3種類があります。それぞれの特徴を比べてみましょう。

Photo by J.Salmoral

手続きが容易なのに大学生活!大学の付属プログラム&学部聴講

まずは大学(公立/私立)付属プログラムについて見てみましょう。

長期研修向けの一般コースは毎日4レッスン、うち2レッスンはスペイン語、2レッスン は選択科目となります。スペイン文化の選択科目は中級者以上が対象になります。初級向 けには、語彙や筆記、口述スキルなどのレッスンです。スペイン語の初心者でもしっかり 無駄なく学べる内容となっています。 出典: www.booking-by.net
ある程度のスペイン語力がないと...ということもない。「通年コース」といわれる、スペイ ン語レッスンプラス文化講議のコースに関してはもちろん中級程度のスペイン語力が必要 だが、それ以外のインテンシブコースは初心者用からレベルを用意されている。 出典: www.arrobaspain.com
大学付属の語学コースは、大学のキャンパス内にあるので大学の図書館や施設が使用でき ることや、現地の学生とコミュニケーションを取れるチャンスがあることがメリットです。 大学付属コースはスペイン語だけでなく文化講座も充実していて、夏期コースなどの短期 集中コースを開講している大学もあるので、それを利用して集中的にスペイン語を学ぶこ とも出来ます。 出典: www.awesome-english.net

また、学部の聴講生として1~2年間留学することも可能です。

聴講生留学は正式な学部学科留学に比べて手続きに時間が掛らず、用意する書類も少なく済みます。聴講生と言えども学期末の試験を受けて合格ラインを上回れば正式な修了証書 (ディプロマ)が授与されます。マドリードのコンプルテンセ大学、マラガ大学、アルカラ大学など多くの大学へ手続きが可能です。出典: www.spain-ryugaku.info

スケジュールの立てやすさなら!私立語学学校

私立語学学校は1年中好きな時期に入学できるほか、ヨーロッパの周辺国などさまざまな国の友達ができるメリットがあります。

日本人の留学生には、少人数制クラスで教師・スタッフによる手厚いサポートを受けられる「私立校」が人気です。フラメンコやサルサをはじめ、本場で体験できるアクティビティも充実。 出典: www.wintechjapan.com
私立の語学学校は、一年を通して毎週月曜日に入学できます。スペイン語が全くはじめての方は、初心者向けのコース開始日をご確認ください。 出典: ttp:
近年スペイン全国に外国人相手の語学学校が急激しています。これはEU統合に伴いヨーロッパの若者にスペイン語に対する語学熱が起こっているためで、裏を返せばヨ-ロッパ人を対象にしたヨ-ロッパ人のためのスペイン語学校だと言えます。例えばヨ-ロッパ人にとってお互い方言同士とも言えるスペイン語は全然勉強したことがなくてもヒアリングは何となく出来てしまう言語なのです。こう言う連中のクラスメ-トになった日本人が相出典: ttp:
文法を一通り学習した中級レベルに達するまでは、学習、生活共に学生ケアのしっかりした、少人数制の内容の伴った私立の語学学校でレベルに合ったカリキュラムを効率良く順に消化して、聞けて喋れる自信がついてから大学付属コースに参加するとフルに大学コースの良い面を吸収できるでしょう。 出典: www.booking-by.net

本気 でスペイン語を勉強したいなら、公立語学学校

次 に、公立語学学校について ご紹介 しましょう。

地方自治体の開催する語学コースです。多くは移民の現地順応プログラムの一環となっているので、費用は格安ですが、クラス人数にも制限がなく、国籍構成は東欧、中国、アフリカなどの生徒さんが多く、仕事と掛け持ちで通っています。そのような学習環境なので多くの日本人にとってはこれらのコースで短期で能力を身につけようと思ってもどうしても無理があります。 出典: www.booking-by.net

なんだか日 本人 には 厳 しそうな 環境 ですが、実 際 に通った 人 の 感想 はどうでしょうか ?

私立の先生は生徒のクレームを気にしているような雰囲気があり指導も甘かったのですが、ここは要らない生徒はピシャリとお断り!という雰囲気があります。遅刻なんてものはもちろん厳禁。授業中の先生の瞳は怖いぐらいに真剣ですメガネ生徒も周りの会話力についていこうと必死です。休み時間もスペイン語で会話します。英語は存在しません。 出典: ameblo.jp

公立語学学校 Escuela O ficial de Idiomas(略してEOI)に通うメリットがもう1つあります。

スペイン語能力を測る場合、セルバンテス文化センター(Instituto Cervantes)が主催する「DELE」 というインターナショナルに通用する検定試験がある。スペイン語圏外の国でスペイン語に関わる仕事をする場合、このタイトルは非常に有利だと思う。EOIのレベル5は、DELEの上級レベル(superior)と同等に扱われる。もし、あなたがスペインで生活、就職などする場合、DELEのタイトルよ出典: ttp:

スペイン語学留学の手続きの流れ

じゃあ行こう、と思ったらどのような手続きが必要になるでしょうか?

スペインの教育機関へ留学する方法は、 (1)個人目的による語学留学 (2)日本とスペインの大学間交流協定に基づいた交換留学生として留学する方法 (3)個人で高等教育機関(大学・大学院など)、芸術を専門に学ぶ学校に留学する方法(学位取得目的及び学位取得目的以外)に大別できます。 (2)(3)には奨学金を受けて留学する場合も含みます。 出典: www.jasso.go.jp

個人で長期語学留学の手続きをする場合は、一般的には次のようなステップがあります。

1)留学先の選択。サイトや情報誌で学校を選ぶ。 2)入学願書に必要事項を記入後、学校に送信。入学手続き開始。 3)学校から登録確認書・請求書が届く。 4)期日指定日までに受講料、宿泊料等を送金。 5)学校が入金確認後、ビザ申請用の入学許可証・宿泊証明等のオリジナル書類が発送される。 6)学校から証明書が届いたら、スペイン大使館で学生ビザの申請。 7)約2カ月半でビザ受理。スペインへ出発。 出典: hw 00 1 .spaa q s.ne.jp

準備 期間はどれくらい必要かというと ・・・

1週間から90日以内の短期留学の場合なら、約2ヶ月、90日以上の長期留学の場合は、約6ヶ月必要です。留学都市、プログラム、滞在スタイル、期間、予算など・・・余裕をもって、じっくり検討しましょう。 出典: view-source:www.spainryugaku.jp

このように、いろいろな選択肢があるスペイン留学。いずれにしても、日本で少し勉強してから行ったほうが、現地での活動の幅が広がりそうですね!

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

この記事を書いた人

きゃしー

プロフィールは設定されていません。

留学カテゴリの人気記事

留学カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!