1. TESOLとは?ESLやEFLなどの英語資格とは何が違うの?
TESOLとは?ESLやEFLなどの英語資格とは何が違うの?

TESOLとは?ESLやEFLなどの英語資格とは何が違うの?

現在世界でも最も認められている英語の講師としての資格、TESOL。取得方法や、学習内容、取得後のキャリアなどを解説します。英語に興味のある人にとって、あなたのキャリアとなりうる資格かも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2827view

TESOLとは?

TESOL(Teaching English to Speaker of Other Languages[多言語話者への英語教育]) とは、英語教育業界にまだ統一した基準のなかった1960年代に、英語教育と英語教師の質の向上を目的として発足された学会の名称です。現在では、世界各国の大学や専門学校などのTESOL認定機関で、TESOL基準の英語教授法を学べ、資格として取得する事が可能です。

また、TESOLは現在、世界で最も認知されている英語講師の資格です。TOEICやTOEFL、IELTSなどの資格が、ビジネス英語や海外大学入学可能な英語レベルかを図る資格として世界的に認知されているように、TESOLはあなたの英語講師としての能力を保証してくれる、世界で最も認知されている資格と言えます。

他の英語資格との違いとは?

ESLやEFLといった名称は英語教授法資格として広く知られていますが、これらはあくまで「第二言語としての英語の教授法」全般を指す名称で、統一した基準がある訳ではありません。国や大学によって、学習内容が異なる可能性があります。TESOLには学習内容に明確な統一基準があり、尚且つ世界的に最も認知されている資格です。

TESOL資格はどこで取得できる?

TESOL認定機関で学ぶ事ができます。大学や大学院、語学専門学校の学部としてTESOLコースが設けられている場合が主流ですが、数ヶ月程度の短期コースを提供している大学や私営機関、また通信講座での取得も可能です。海外の機関以外にも、現在では日本においてもTESOLコースを受講できる機関や、大学が増えています。

TESOLコースの入学条件は?

機関によって異なりますが、海外の大学、大学だとEILTS 6.0~7.0以上, TOEFL IBT 80~88以上が入学条件として設けられている場合が多くあります。短期コースなどの場合、より易しい条件での受講参加が可能な機関や、日本の外大の英語学科などだと、入学後無条件でTESOLコースの履修が可能な場合もあります。通信講座だと、受講条件が無いコースもあります。

機関によって異なりますが、海外の大学、大学院だとEILTS 6.0~7.0以上, TOEFL IBT 80~88以上が入学条件として設けられている場合が多くあります。短期コースなどの場合、より易しい条件での受講参加が可能な機関や、日本の外大の英語学科などだと、入学後無条件でTESOLコースの履修が可能な場合もあります。通信講座だと、受講条件が無いコースもあります。

学習する内容は?

TESOLコースのタイプ (長期か短期) や、機関 (専門学校か大学院か) などによって少し異なりますが、大きく分けて下記の4つの分野を学習します。

英語学習理論

「人はどうやっで言語を習得するか」など、言語取得、英語教育に関する理論やセオリー、学習メソッド、また最新の研究結果や論文などを理解します。

カリキュラム設計、教材作成

英語のレッスンカリキュラムや、コース設計、教材作成やレッスンのプランニングなどの、方法を学びます。

英語という言語の分析

英語の文法や音声学など、英語という言語を色々な角度から掘り下げていき、理解を深めます。

実際の教育現場での教授テクニック

実際に英語のクラスを担当する際に必要となるティーチングテクニックなどを、実技を通して習得していきます。

資格取得後のキャリアは?

英語講師

TESOL資格保有者はもちろん、英語講師として優遇対象となります。大学生や外資系の企業向けに、ハイレベルな英語講習を担当する講師は、多くの場合TESOL資格保有者です。日本では義務教育機関で働くにはもちろん教員免許が必要ですが、TESOL資格は採用の際のプラスとなります。

英語講師トレーナー

TESOLコースでは、英語講師としての能力を向上するための知識やスキルを身につけます。その為、講師として働いた後、英語の先生を目指す人達のトレーナーになる人も多くいます。

教授、研究員

大学、大学院でTESOLを修了した人の中には、博士号へ進んで大学教授になる人、または言語学研究員としてアカデミックな世界で働く人もいます。

言語・教育に関係した様々な職業

英語教材製作会社など、英語教育に関係した会社へ就職が可能です。またTESOLコースを通して自分自身の英語スキルも向上するので、通訳家や翻訳家など、ハイレベルな英語力を有する職業に就く人や、海外の企業に就職する人もいます。さらにTESOLコースでは英語に限らず、自分自身に合った効率的な言語の学習方法、習得方法への造詣が深まりますので、別の言語を習得して、多言語話者として活躍の場を広げる事も可能です。

英語に興味のある人、人に何か教える事が好きな人にとって、TESOLはあなたの将来のキャリア設計にプラスとなる資格になるかもしれません!

Photo by British Council Russia

Photo by torbakhopper

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

この記事を書いた人

naoki1988

検定カテゴリの人気記事

検定カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!