1. 独立問題で揺れた英国・スコットランド。気になる留学事情は?
独立問題で揺れた英国・スコットランド。気になる留学事情は?

独立問題で揺れた英国・スコットランド。気になる留学事情は?

英国は4つの構成国から成り、イギリス=Englandではない―。知識としては習っていても、暮らしていなければ実感しづらいかもしれないこのお国事情がクローズアップされるような出来事が2014年にありました。独立問題のニュースから、スコットランドについて考えてみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3640view

イギリスからの独立の是非を問うスコットランドの住民投票が、2014年9月18日に行われ、開票の結果、反対多数で否決されました。国内のみならず国際的に悪影響が広がることが懸念されていた英国の分裂という歴史的な事態はかろうじて回避されました。

スコットランド独立運動とは?

2014年、スコットランドで何が起こったか?

4つの構成国からなる英国。そのうちのひとつがスコットランドです。そんなスコットランドの独立騒動。2014年9月18日、英国からの独立に反対か賛成か、住民投票が実施されました。出典: allabout.co.jp

▼イギリスの地図

http://www.ryugaku-uk.com/resources/ukmap1.jpg

イギリスからの独立の是非を問うスコットランドの住民投票は、独立反対が約55%、賛成が約45%と反対が過半数を占め、独立は否定された。出典: www.zakzak.co.jp

Photo by itmpa

独立運動に至った歴史

グレートブリテン島の北部三分の一を占めるスコットランドは、そのほぼ全域が11世紀にスコット人の王朝によって統一されました。しかし、その頃から、南隣のイングランドとの抗争が頻発。最終的に1707年にイングランドと合併し、共通の君主を戴くグレートブリテン王国が成立したのです。出典: thepage.jp
1707年にイングランド王国とスコットランド王国が合併、現在の連合王国としてのイギリスが成立する。そして産業革命が始まると、ランカシャーで採掘される石炭と鉄鉱石によって工業化が進み、グラスゴーでは綿工業を中心とした産業が盛んになった。また都市の発展に伴ってアイルランド等からの移住者が増え、大英帝国第二の都市と呼ばれるようになった。出典: www.ena.travel
元々、自分たちをイギリス人ではなくスコティッシュと名乗るなど民族意識が強く、独自の言語といった文化的な背景に、不公平な施策が加わり、独立の機運が高まりました。イギリス政府はそれをなだめるため、1996年~1999年、3地方にそれまで無かった議会を設置し、地方自治を認めました。しかしスコットランドではそれが裏目に出て、スコットランド議会がイギリスからの独立運動を推進。出典: is-factory.com

住民投票後のスコットランドの動き

スコットランド独立住民投票の余波は続いている。英国のキャメロン首相と労働党のミリバンド党首はスコットランドの権限委譲に関し、意見の違いを抱えている。スコットランド独立を後押しするスコットランド国民党のサモンド党首は「英国政府はスコットランド人を騙している。スコットランドは住民投票をしないとしても、独立することができる。国民の多くは独立を支持している」と主張した。出典: www.xinhuaxia.jp
独立について住民投票が実施されたという前例は、欧州全域に反響を巻き起こすだろう。例えばスペイン政府はもはや、独立の是非を問う住民投票を要求するカタルーニャ住民の圧力には抗しきれないと判断するかもしれない。カタルーニャ州は人口が740万人に上り、EU加盟のうちの十数カ国よりも規模が大きい。出典: www.huffingtonpost.jp

留学先としてのスコットランド

このように2014年に激動のあったスコットランドですが、留学先として見るとどのような特徴があるのでしょうか?

1.イングランドとは文化・生活が異なる

エディンバラを首都とする英国北部の小さな国スコットランドでは、イギリス文化と異なる独特のスコットランド文化を体験することができます。スコットランド人は人懐っこく、冗談好きで、寒い気候も笑いで吹き飛ばしてしまうような勢いです。都市は歴史を語る古い建物で囲まれ、また、その自然の美しさには感動させられます。出典: www.eg-uk.com
日本からみるとスコットランドもイギリスですが独自の議会、通貨を持ち銀行やパブの営業時間もイングランドとは異なります。サッカーのワールドカップなどでは独自の代表を送っています。イングランドの通貨(イギリス・ポンド)はスコットランドでも使えますが逆にスコットランドの通貨はそのままではイングランドでは使えません。銀行などでの両替が必要です。出典: homepage2.nifty.com

2.スコティッシュアクセントがある

スコットランド留学は、スコットランド特有の言葉のなまり(スコティッシュアクセントと言われています)があるといわれています。近隣のイギリス、ブリティッシュアクセントにも似ています。語学学校で英語を勉強する場合は、あまり体験ができませんが、外で地元の人に触れ合う機会があると感じると思います。出典: www.ryugaku-goahead.co.jp
「語学学校の先生はなまりのない標準的な英語をしゃべるから大丈夫」という回答がついています。これは本当なのでしょうか。私の経験から言えば、確かに学校の先生はあまりなまっていません。ただ、学校を一歩出れば、そこはスコットランドです。滞在先の同居人の言葉や、街中での接する言葉は、すべてスコットランドなまりです。出典: www.dear-scotland.com

3.独自の教育制度

スコットランドの教育制度は、イギリスの他の地域と少し異なります。たとえばスコットランドでは、多くの学生が17歳で大学教育に進みます(他の地域では18歳です)。出典: www.educationuk.org

スコットランドの大学システムは科目の選択肢の広さと柔軟性を持ち、4年間の学士号を提供するという点でイングランドとアメリカ両大学の特徴を併せ持っているといいます。

スコットランドの大学システムは自分が何を専門的に学びたいかを認識している学生だけでなく、自分が何をしたいのか100%の自信がない学生にも適しています。学生が出願した主専攻のプログラムに加えて、さらに異なる分野の専攻を選択できる機会が与えられるからです。最初の2年間の学習を終えた後、学生はそのまま主専攻を学ぶこともできますし、もう片方の専攻に変更することもできます。出典: www.ukeducation.jp

スコットランドならこんな留学もできる!

ドラマ「マッサン」の世界へ、おけいこ留学

スコットランドと言えば、NHK朝の連続ドラマ「マッサン」主人公のモデル、竹鶴政孝氏が留学していたことでも有名になりました。

ウイスキー造りを学ぶため、竹鶴政孝氏はかつて、このキャンベルタウンのヘーゼルバーン蒸留所に留学した。佐伯氏は昨年6月、閉鎖したヘーゼルバーン蒸留所の跡地から300m先に位置する、スプリングバンク蒸留所が主催する5日間のウイスキー・スクールに参加。「もう一度、ウイスキーの首都に」と同蒸留所が始めた短期講習で、世界中からウイスキー愛好家を受け入れている。出典: www.workingholiday-oz.com

伝統に基づく多彩なアクティビティー

公立カレッジで英語レッスン+ゴルフプレイの総合プログラムです。世界遺産都市エジンバラの公立カレッジは、ダーウインの学んだエジンバラ大学と姉妹校です。午前中はしっかり英語を学び、午後は地元のゴルフ場でのプレイが出来ます。更に、ゴルフのメッカ・セントアンドリュースでのプレイも可能です。出典: https:
パース・カレッジのEnglish Plusで受けられるコース○ アロマセラピー○ ウォームストーン・マッサージ○ ケーキ作り○ フラワー・メディスン(ハーブ・オイルやエッセンス)○ ヨガ○ モーター・メンテナンス(男性向け・女性向け)…出典: www.beo.jp

湖水地方へのショートトリップ

古城など「歴史的建造物を巡る町歩き」と豊かな自然を満喫する「アウトドア・アクティビティ」がスコットランドの魅力。そして湖水地方は、山と湖が織り成す「緑と水」の競演が魅力の景勝地。出典: www.arukikata.co.jp
アクティビティーを5時間という希望を出しておりましたが、その枠にとらわれずに対応していただきました。湖水地方へつれていっていただくなどとても楽しく有意義に過ごすことが出来ました。出典: www.mitsuba-associates.com
エディンバラから湖水地方へと列車で移動をします。エディンバラの中央駅、ウェイヴァリー駅から、湖水地方のウィンダミア駅までは2時間40分。出典: tristana.blog57.fc2.com

独立は幻に終わりましたが、スコットランドには独自の文化や歴史、社会制度があることに改めて気付くきっかけになったのではないでしょうか?

スコットランド独立を否決(2014年9月19日(金)掲載) - Yahoo!ニュース

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

この記事を書いた人

きゃしー

プロフィールは設定されていません。

留学カテゴリの人気記事

留学カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!