1. 台湾で中国語!留学するメリットと都市選びのまとめ
台湾で中国語!留学するメリットと都市選びのまとめ

台湾で中国語!留学するメリットと都市選びのまとめ

中国語留学するなら中国?台湾?話されている言葉の違いはもちろん、地域の特色、そして台湾ならではのメリットもあります。台湾に留学した人の体験談、台湾留学アドバイスなどを集めました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7061view

中国本土だけでなく、台湾も中国語の留学先として人気があります。治安のよさ、親日的 な環境、気候・・・などなど、台湾の都市の良さはたくさんあります。語学の面から見る とどんな特色があるでしょうか?気になる台湾留学の情報をまとめました。

中国の中国語と台湾の中国語は違う!

1949年以来、社会体制的に断絶してきた中台間では、本土の標準語「普通話」と台湾の標準語「国語」で意外なほどに差異があります。イギリスの英語とアメリカの英語に違いが あるのと同じことで、体制や生活環境の違いが生んだ必然のギャップです。ですから、中 国国内だけでなく、もっといろいろな地域の人々と中国語で交流したいという場合、それ ぞれの言語感覚の違いを受け入れることもけっこう重要です。出典: dokochina.com

まずは、文字の違い。中国で使われている文字は簡体字、台湾で使われている漢字は繁体 字です。

台湾では伝統的な繁体字を使いますが、中国では簡体字が使われています。 近年中国との関わり合いから少しずつ台湾人の中にも簡体字を読める人も増えてきている と言われていますが、台湾人は普段、国語である繁体字の中国語を使っているため、簡体 字はなんとなく読めるけど、書けない、読みにくいと感じる台湾人も少なくないようです。 出典: www.taiwanchinese.net
では、いくつか例を挙げてその違いを見てみましょう。 歓迎→簡体字:欢迎 繁体字:歡迎 馬→簡体字:马 繁体字:馬 愛→簡体字:爱 繁体字:愛 繁体字の方が画数も多く複雑なのがわかりますね。日本語の漢字に似ているのも繁体字です。出典: www.arc-c.jp
台湾の中国語は繁体字なので、日本人にも馴染みやすく、読み方が分からなくても何となく意味が分かります。出典: tabitabi-taipei.com

発音記号も、中国のものとは異なります。

発音記号は、中国ではアルファベットを使ったピンイン、台湾では注音符号(私はボポモホと呼んでます~。(・∀・))を使います。 私が通っていた師大ですが、一番初級のクラスで注音を習います。ただし発音を書く試験ではピンイン、ボポモホどちらで書いてもかまいません。出典: hosokawahocho.web.fc2.com

注音符号とピンインは対応しているそうですから、発音の試験ではどちらでも解答ができるんですね。 なお、発音の仕方には中国と台湾では違いがあるそうです。

台湾の人たちは舌を巻くのがあまり好きではないので、話すときに、巻き舌音があっても、あまり巻きません。この原因で、「台湾なまりの中国語」という言葉が生じました。 例えば、「おいしい」は 中国→好吃(hao chi) 台湾→好吃(hao ci)のような発音にします。出典: www.kanshi.org

このように言葉の違いがあることを頭に入れた上で、中国語留学に台湾を選ぶメリットを見てみましょう。

台湾留学のメリットとは?

まずは何と言っても、繁体字を学ぶことが将来にプラスになるかどうか!

例えば、専攻が中国美術史、中国文学の古典等の方は、台湾で学ぶ方が、有利かも知れません。或は、台湾の大学や大学院に行く目的があれば、台湾で中国語を学んだほうがいいかも知れません。ビジネスで必要だから、中国語を学ぶ必要があるのでしたら、私は中国も選択肢として考えてもいいと思います。出典: iso64.exblog.jp

渡航上のメリットを挙げると、短期留学の場合にビザが不要という点。

まず、一番大きなメリットは短期(90日以内)の留学であればビザが不要ということです。一方で、中国への留学の場合は必ずビザの取得が必要で、大学への留学申請から取得まで数カ月要します。出典: taiwan-navi.jp

そして、親日的なお国柄であることが何よりの安心材料です。

ぼく自身、台湾に留学したときに台湾と日本の文化、というか町並みが物凄く日本に類似していて度胆をぬかされました。デパートもスーパーもセブンイレブンもほぼ日本のものと一緒。そこで使用される言語だけの違いでした。そういった意味で台湾留学は日本を忘れることがない親近感のわくほほえましいものでした。出典: study-share.net
・国民党の支配があった時代よりも、日本に統治されていた時代の方がよかったと感じている人が多いため現在も特に日本統治による反日感情は低い 。 ・テレビなどのマスコミを通して日本の芸能人やテレビ番組が身近な存在である。 ・単純に、比較的豊かな生活をしている日本にあこがれている。 ・儒教、仏教の影響を受けているなど「東洋的な考え方を持つ」という点において日本人に親近感がある。 ではこの親日的というのが留出典: www.geocities.co.jp

やる気アップ以外に、こんな実利もあります!

日本語を勉強している人がたくさんいる台湾。日本人は売り手市場なので、言語交換の相手を見つけるのも簡単。ネットや学校の掲示板はもちろんのこと、街中で日本人とバレると言語交換を申し込まれるなんてことも。出典: www001.upp.so-net.ne.jp

また、台湾なら中国語+英語のダブル留学なども可能!

★英語も同時に習得したい方・・・台湾の大学の「応用英語学科」に入学台湾は、会話中心の授業が多く取り入れられていて、きれいな発音で学習出来る。 ★楽して卒業を目指したい方・・・台湾の大学の「応用日本語学科」に入学日本人は母国語なので、卒業しやすく、中国人や台湾人に日本語を教える仕事にも就ける。出典: taiwanryugaku.com

このように、いろいろなメリットがある台湾留学。主な都市を挙げてみましょう。

観光便利で治安もよい台北

台湾ワーキングホリデーセンターが台北留学を薦めている理由は・・・

■正統派の中国語発音は中国中南部とよく似た発音で、日本人にとって覚え易い。 ■世界一の親日国親日国家であり、街中や台湾現地の友人との間で授業以外にも言葉の練習が可能。結果として使える中国語が身につく。 ■学校のレベル学校のサービス業としてのレベルが高い。出典: www.taiwan-wh.com

台北なら、授業の質が高くて学習環境もインターナショナル!

台湾の語学学校(大学にある華語中心)は学費も安く、授業の質も高いです。様々な国の生徒と勉強するため、台湾以外の文化を学ぶこともできます。日本人の中では「台湾大学」が華語中心でもっともポピュラーだと思いますが、台湾には様々な学校が存在します。毎月入学できる大学や特色のある授業など様々ですので、いろいろ比較してから決めてみましょう。出典: www.taipeiinfo.com

さらに、台北なら学生生活や観光にも便利!

学業の息抜きとして、多種多様なイベントがたくさん開かれている事や、おしゃれなカフェが沿岸に立ち並ぶ海まで約90分で行ける事も魅力です。生活していく上で、食費が安いというメリットも学生には大きいでしょう。治安の面でも、台北は親日都市ですから安心できます。出典: https:
台北市内は、公共のバスや地下鉄がとても発展していて、主要な観光地に安く短時間で行くことができますし、淡水などの郊外の観光地にも一時間ほどで行けます。バスや地下鉄の初乗りは日本円で約50円から60円程。また、高速バスも日本に比べるとお得な値段で乗ることができるので、週末などを利用して地方都市旅行にでかけると新しい台湾の一面を発見できたり、新しい友人に出会えるかもしれません。出典: ryugaku.kuraveil.jp

台湾らしさが残る街!台南・高雄エリア

台湾の南部のエリアで、大湾第2位の「高雄」、第4位の「台南」といった都市が中心的な存在となっています。高雄は日本で言うところの大阪的なポジションで、非常に大きな都市であることから日本から直行便のフライトも出ています。台南・高雄を含むこのエリアは1年中温暖な気候で、過ごしやすくなっています。出典: kasai-hoken.com
台中は台湾第3の都市です。台南は第4の都市です。都会度としては、それほど大きな差はありません。 実際に滞在しての感想は、台中より台南の方が台湾らしさが残っているかなと思います。出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
高雄から台南まではバスとMRT、電車を使って約1時間で行くことができます。高雄市内のバスは学生証の提示で無料になります。そのため、MRTと電車の代金だけで行くことができました。また、MRTと電車は学生証がsuicaと同じ役割をしてくれるため、切符は必要ありません。そのため、学生証にお金をチャージして使用します。出典: www.jiu.ac.jp
台南市は台北や高雄の都会都市にくらべると田舎で地下鉄はなく、交通手段はバイクか車かバスか自転車です。私がホームステイしている家から学校までは少し距離がありバイクで15分ほどでした。なので私は予め台湾で使える国際免許を取得しバイクで通学をはじめました。出典: nextsense-ryugaku.jimdo.com

Photo by Andy*Enero

この先輩は、休日には台北や、墾丁というリゾート地にクラスメイトと一緒に旅行。その企画をするなど、勉強した中国語を発揮する機会が広がったそうです。交通が便利なので、国じゅうをフットワーク軽く回れるのが台湾の一番の魅力かもしれませんね。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

この記事を書いた人

きゃしー

プロフィールは設定されていません。

留学カテゴリの人気記事

留学カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!