1. アメリカのマックで英語で注文してみよう!
アメリカのマックで英語で注文してみよう!

アメリカのマックで英語で注文してみよう!

世界的にメジャーなファーストフード店なのはやはりマクドナルド!海外へいくと必ずといっていいほどどこにでもありますよね!ここでは、マックで使える英語での注文の仕方を共有したいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5018view

世界的にメジャーなファーストフード店なのはやはりマクドナルド!海外へいくと必ずといっていいほどどこにでもありますよね!ここでは、マックで使える英語での注文の仕方を共有したいと思います!

マクドナルドでいざ!英語で注文してみよう☆

Photo by JeepersMedia

世界的にメジャーなファーストフード店なのはやはりマクドナルドです!多国籍企業の一つとして海外へいくと必ずといっていいほどどこにでもありますよね!旅行や留学先で利用することがあると思うので、英語の注文の仕方を紹介します。英会話の練習だと思って是非使ってみて下さい!

“マクドナルド”は海外では通じない!?

日本でいう“マクドナルド”という発音は外国では通じません!英語だと“ミクダノズ”が一番近い発音だと思います。国によっては違う言い方をする場合もありますが注意しましょう。

日本と世界のマクドナルド

基本的にどこのマクドナルドでも店構えは同じで、カウンターで注文をして代金を払い、自分で席に運ぶ、日本の店舗と同じです。 カウンター前にいると空いている店員さんがフレンドリーに「Hi!」または「Hello!」など声をかけてくれます。 あるいは無表情で「Next!」なんて呼ばれる時もありますけど怖くないですよ!安心してくださいね。 スマイル0円は日本ならではのおもてなしです。出典: activo.campus-web.jp

味は日本のマクドナルドと似たり寄ったりです。ただマクドナルドにあってはならないのですが、アメリカではたまに店によって味が違うときもあります。フレンチフライズ(フライドポテト)に塩を振らなかったり、振っても混ぜない怠慢な店員がおり、その時のフライズはまずいです。

英語で注文してみよう☆

基本何かを注文するときには、“Can I have~”や“Can I get~”を使います。Can I have a cheese burger? (チーズバーガーを一つ)

チキンサンドウィッチには grilled (グリルド、グリル焼きの)と crispy (クリスピー、フライドチキン)があり、店員が "grilled or crispy?" と聞いてくるので、好みの方を答えます。 出典: blogs.yahoo.co.jp

I’d like to have one hamburger and medium coffee, please. ハンバーガーとコーヒーのMサイズをください。

※「コーヒー」は、「カフィー」と最初にアクセントを強くするとわかりやすいです。 聞き間違いで「コーラ」が出てきてびっくり!「コーラ」は「コーク」でOKです。 同じ聞き間違いで「コーラ」を注文したら「水」が出てきてびっくり!「水」は「ワーラー」でOK!です。 これは飛行機の機内サービスでも使えますね。出典: activo.campus-web.jp

I will have two cheeseburgers, one medium French fries, and two medium cokes, please. チーズバーガー2つとポテトのMサイズ1つとコーラのMサイズ2つをください。

「ポテト」はアメリカ・カナダのような米語圏では「French fry」、イギリス・オーストラリアのような英語圏では「Chips」と言われます。

I’d like to have this one and this one, please. これを1つと、これを1つください。 ※メニューの写真を指差しながら 注文できます。

One hamburger and a coffee, please. ハンバーガーとコーヒーをください。

※もし、I’d like to have~、I will have~が出てこなかったら、こんな単語だけでもOKです。 最後に Please を付けるだけで丁寧なお願いになりますし、伝えようとする気持ちが大事です。 多少、文法が間違っていても英語を外国語とする店員さんも英語が得意とは限りません。 出典: activo.campus-web.jp

英語で注文したい!海外旅行英会話マクドナルド注文編ー海外旅行ガイドメディア旅サポ

ちょっとレベルが上がった表現はこちら☆

こちらでお召し上がりですか?お持ち帰りですか? ●For here, or takeout (or to go)*? [North America ] *持ちかえり = takeout またはto go (北米英語圏)

●はい、ございます。こちらがセットメニューです。サラダまたはフライドポテトのどちらかをお選び頂けます。 どちらになさいますか? ●Yes, This is a combo. You can select a salad or a French Fries. Which would you like to have?

●お飲み物はオレンジジュース、炭酸水、コーヒーまたは紅茶がございます。 どれになさいますか? *炭酸水=炭酸の入った水。 ●We have juices, soda(pop)* and coffee or tea What drink would you like to have? *炭酸水 = Soda (アメリカ) = Pop (カナダ.)

ファーストフード英会話サンプル集

海外に行くとやはりお店での注文は必ず英語になります。必ずしも正しい文法でないといけないというルールはありません、自分が使いやすい表現を行くまでに覚えておくと便利です。現地のスタッフもネイティブばかりではないので時々英語がわかりにくかったりしますが、そのときは、“Could you say that again?”とすぐ聞き直せば良いです。英会話の練習だと思って積極的に英語を話してみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

この記事を書いた人

さっちー

プロフィールは設定されていません。

会話カテゴリの人気記事

会話カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!