サービス終了のお知らせいつもLAFY(ラフィ)をご利用いただき、ありがとうございます。
この度、誠に勝手ながら 2017月10月31日 をもちましてWeb版LAFYで提供しております、すべてのサービスを終了させていただくこととなりました。
いつもLAFYをご利用いただいている皆様には大変ご迷惑をおかけいたします。何卒ご理解のほど、宜しくお願いいたします。

  1. 1冊の本を異国に届ける仕事、出版翻訳
1冊の本を異国に届ける仕事、出版翻訳

1冊の本を異国に届ける仕事、出版翻訳

「花子とアン」などで巷でも知られるようになった出版翻訳。その仕事内容についてまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

567view

出版翻訳って?

Photo by ColdSleeper

出版翻訳とは、様々な言語で書かれた海外の出版物を翻訳する仕事です。英語がほとんどですが、フランス語やドイツ語、中国語などさまざまな原語の翻訳があります。近年は北欧のミステリーも増えているそう。

ジャンルは大きく書籍と雑誌にわけられ、書籍はフィクションとノンフィクションにわけられます。フィクションはいわゆる純文学。ノンフィクションは実用書一般を指していて、ビジネス書や自己啓発書が多いようです。

出版翻訳のジャンル

フィクション

小説や英本、詩やコミックスなどが主。小説は海外文学を始め、ミステリやSF、ロマンスやファンタジーなど様々なジャンルがあります。児童書やヤングアダルト小説など年齢に合わせた訳が求められるのも特長です。

ノンフィクション

ルポタージュや評伝、ビジネス書、自己啓発書、実用書などジャンルは多岐にわたっており、刊行点数も非常に多いのが特長です。内容によって話題性が高い著作と長く販売が見込める著作にわけられ、前者の場合は販売時期に合わせてタイトな翻訳スケジュールが組まれることもあります。

出版翻訳を仕事にするためには?

Photo by torisan3500

出版翻訳者のほとんどは翻訳学校で学んでいる時に講師から出版社の編集者に紹介されて仕事を始めたというひとが多いようです。翻訳したい原書があれば、出版社に持ち込んでみるというのもありです。

他にも出版社からリーディングという仕事を依頼され、出版翻訳の仕事を始めたというケースもあります。リーディングとは翻訳書の刊行を検討する前に原書を読んで評価する仕事をいいます。原書についてレジュメに「概要」と出版に値するかの「評価」をまとめます。新人では名刺代わりになることもあるので、重要な仕事です。

出版翻訳の仕事を目指す

いかがでしたでしょうか。翻訳家というと小説や絵本などのフィクションの翻訳を想像しがちですが、圧倒的に多いのはノンフィクション。ブックフェアなどで、これぞ!と思う本を発掘して出版社に持ち込んでみる、リーディングにトライしてみるなどして一歩を踏み出してみましょう。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

この記事を書いた人

Mari

就職カテゴリの人気記事

就職カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!