1. オーストラリアで使われるスラング、現地でも使える表現まとめ
オーストラリアで使われるスラング、現地でも使える表現まとめ

オーストラリアで使われるスラング、現地でも使える表現まとめ

ここではオーストラリアで使われる代表的なスラングを紹介。アメリカ英語とは比べられないほど意味が大変ことなります! 知っていても損はない、現地でも使える表現をピックアップしました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11301view

ここではオーストラリアで使われる代表的なスラングを紹介。アメリカ英語とは比べられないほど意味が大変ことなります! 知っていても損はない、現地でも使える表現をピックアップしました。

代表的なオーストラリアスラング

"スラング" と聞くとどうしても悪い言葉や表現。と思いがちですが、必ずしも悪い表現だけではありません。俗語、独特な言葉や、言い回し、略語などオーストラリア人が良く使うオージー英語を伝えていきたいと思います!

Photo by mark.r.sherman@comcast.net

オージースラングってこんな言語!

オージー英語には略語や発音がアメリカ英語とは違っていて、様々な特徴があります。

オージーイングリッシュの発音は、英国の英語の発音に近いが一般的にアクセントが強くなく会話が平坦に聞こえるし、田舎のオージーは、都会のオージーに比べるとゆっくり話す傾向がある。また、オージーは、単語を短縮し、その短縮形に親しみを持たせるために接尾辞(-y、-ie、や-o)を付けることを十八番としている。オージースラングには、この短縮変形語が結構多い。出典: www.australia.arakawanet.com
オーストラリア英語の発音はA(エイ)を(アイ)と発音することです。例えば、Day(デイ)が(ダイ)や、Mate(メイト)が(マイト)、Name(ネイム)が(ナイム)になります。 出典: www.australiaryugakukyoukai.jp

"No worries" =大丈夫、気にしないで。

No problem/問題ありません と同じ意味の表現になります。

“Dunnie" =トイレ のことです。

たいてい、bathroomやrestroomを使いますがオージーではこの単語。しかしかなりくだけた表現なので友人同士の間だけで使いましょう。“Where is the dunnie?"

"Snag"=ソーセージ

sausage とは言わないんですね。オーストラリア人はバーベキューが大好きで欠かせないものです。

ちなみにバーベキューはオージーで、“barbie"と略して言います。

"arvo"=afternoonの略語

“ta"= Thank you

なんとこの単語で”ありがとう”の意味なんです!たった一音で感謝の気持ちが表せれるのはとても不思議ですね!

"Sunnies"= sunglasses

サングラス。世界的にも紫外線がかなり強いオーストラリアでは必需品の一つです!

若者がよく使うことば

"Awesome"=really good すごい! 最高!

"Fab"=すごくいい! fablousの略語です。

"LOL"=very funny とても面白いこと。(※発音はloll)

“Bestie"= 親友 Best friendのことです。“She is my bestie"

"Hottie"=good looking guy/girl 素敵な人、イケてる人のこと。

こんな表現も

“mad as a cut snake" =very angry

すごく怒っていることを表すのだそうです。

“flat out like a lizard drinking" =really busy

とても忙しいという意味になります。

“come a guster" = accident/mistake

まとめ!オージー英語の特徴☆

日本人がもっとも発音しやすい英語もこのオーストラリアの英語です。water はウォーター!better はベター! 読んだとおりに言えばよいのです!!

アメリカの発音、くだけた巻き舌の発音よりもかなり覚え易い!!

「オーストラリア英語は訛ってる」という先入観を持っている人が日本には多いですが、「日本人にとって発音しやすい英語」として入っていくのもいいと思います。

Photo by mikecogh

田舎にいくとよく言葉の語尾に mateがついた会話をよく耳にします。一説に、昔からハエの多い大自然の中で暮らしてきたオージーたちが、虫が口の中に入らないように大きく口を開いて話すのを避けたために、潰れたような発音や省略形が使われるようになったと言われています。出典: LaLaLa Australia (ラララ・オーストラリア)

一部オージーのスラングを紹介しました。聞いてえっ?となるような言葉が多かったと思います。これ以外にもまだまだたくさんのオージー英語があります。是非探ってみてください。ちなみにこれらはほとんどくだけた表現になっています。しっかりと意味を理解した上で、友人との間で使うことが望ましいと思います。

この記事が気に入ったらいいね!してね♪

ツイートツイートして友達にも教える シェアシェアして友達にも教える

関連する記事

  • 大学で学ぶだけじゃ全然足りない!英語を本気で習得するための12個の習慣まとめ

    大学で学ぶだけじゃ全然足りない!英語を本気で習得するための12個の習慣まとめ

    もっと生きた英語を喋れるようになりたい!英語を流暢に話す人ってかっこいい!そんな憧れを持ったことはありませんか?英語は塾や大学で学んでいるだけではなかなかマスターすることは難しいです。今回は英語を『本気で』習得するために参考にしたい、12個の習慣をまとめてみました。

    まずは毎日5単語から!英語が苦手な人でも実践できる覚え方

    まずは毎日5単語から!英語が苦手な人でも実践できる覚え方

    大学生になったらもう英語の勉強なんかしたくない!残念ながら多くの大学で英語は必修科目となっています。少しでも苦手な英語の授業を理解できるように、まずは毎日単語5個を覚えてみましょう!

    留学で使える!旅行の時に便利な英語表現(ホテル・レストラン編)

    留学で使える!旅行の時に便利な英語表現(ホテル・レストラン編)

    待ちに待った海外旅行!英語フレーズが少しでも理解できることで安心感が倍増します。ホテルやレストランではマナーも見られるので注意が必要です。今回は海外旅行で使える便利な英語表現を紹介します。

    アメリカのマックで英語で注文してみよう!

    アメリカのマックで英語で注文してみよう!

    世界的にメジャーなファーストフード店なのはやはりマクドナルド!海外へいくと必ずといっていいほどどこにでもありますよね!ここでは、マックで使える英語での注文の仕方を共有したいと思います!

    英語を話せなかった私が友達を作った3つの方法

    英語を話せなかった私が友達を作った3つの方法

    せっかく留学やホームステイに来たからには、現地の人と仲良くなりたい気持ちは当然のことです。一方で上手く英語ができないのに、友達になることは困難なものです。しかし、英語が上手く話せなくても、きちんと友達になる方法はあります。筆者もアメリカに来た当初は英語が上手く話せませんでしたが、英語が話せないときでも友達を作ることができました。今回は筆者が実践した3つの方法をご紹介します。

この記事を書いた人

さっちー

プロフィールは設定されていません。

会話カテゴリの人気記事

会話カテゴリの新着記事

LAFYとは

LAFY [ラフィ] は海外留学やワーキングホリデー、語学検定や勉強法などの情報が集まる、留学や語学に特化した情報メディアです。英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・イタリア語・ポルトガル語・中国語に関する、疑問や不安を解決する情報が満載です。

公式アカウントをフォローして
最新情報を手に入れる!